ここから本文です

ソリオに乗っていますが、高速道路でも、リッター20kmは走らないので、営業マ...

japanaz1さん

2017/10/523:23:35

ソリオに乗っていますが、高速道路でも、リッター20kmは走らないので、営業マンに、そのことを聞くと、ソリオは箱型だから燃費が悪いと言う、買った車の燃費はJC08モードで、その車ごと設定されているはず、

箱型だから、燃費が悪いというなら、カタログ値も、それなりになるはず、またカタログ値(27km/L)は一番良い状態の時の数字だと言う、カタログ値は、JC08になって、実際の走行パターンに近づけているので、高速道路走行の数字は、20kmよりは少しは良くなると思うのですが、スピードは100kmくらいで、回転を上げた走り方ではありません。この営業マンを信じて良いのでしょうか?

補足以前、フィットとノートに乗っていて、実家に帰る為、同じ高道路を同じ走り方で走って、フィットはカタログ値24,0kmですが、21~2kmと伸びます、ノートはカタログ値23,4kmで19kmくらいです。ソリオはカタログ値27kmで20km走らないと言うと、ソリオは箱型で、フィット、ノートは流線型で風の影響を受けないから、燃費が良いと言います。箱型であっても、その車で出したカタログ値なのに、少し言うことがおかしいと感じているのです。

閲覧数:
335
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

avihc27さん

2017/10/712:27:23

高速道路ではスットップ&ゴーが全く無いので,ハイブリッド車も非ハイブリッド車も燃費は理論的に同じです。

燃費に関係するのは,トランス・ミッションの違いと空気抵抗,車重ではないでしょうか。

ソリオは,空気抵抗が馬鹿にできないほど大きいでしょうし,CVTのトランスミッションですから,80km/hなら20kmは可能でしょう。

ニッサン・ノートe-powerは,空気抵抗は小さいですが,車重があり,シリーズ・ハイブリッドですから,100km/h以上の走行なら燃費は悪いです。

フィット・ハイブリッド車は,車重がなく空気抵抗も小さく,トランスミッションはギクシャクしますが,DCTですから高速走行の燃費は最も良いはずです。

高速走行のみで燃費を求めるなら,ガソリン・エンジンにDCTやAMTを搭載した,ヨーロッパのゴルフやUP,フィアット500がベストです。

国産車で高速走行でも燃費の良いトランスミッション搭載車は,ニッサン・スカイラインGTーRやスズキ・アルトターボのみでしょうか。スポーツタイプなので,ガソリンをエンジンが大食いですね。

ちなみに,JC08モードにも100km/h走行パターンはありません。今では,JC08モードの数値も信用されていません。

以前より数値の6~7割位に信用できるになった日本独自の燃費測定方法による「JC08モード」ですが、2018年10月から国際基準 「WLTP方式」 へ移行する予定です。

質問した人からのコメント

2017/10/7 13:28:11

有難うございました。フィットとノートはハイブリッドではありません。高速ではハイブリッドは効かないのは承知していますが、何故、カタログ値の良い方が燃費が悪くて、その理由が箱型であれば、それに応じた燃費をカタログ値とすべきだと思ったので、疑問になりました、街乗りでも15km走らないので、ハイブリッドの意味がないようです。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

funyfnyaさん

2017/10/711:34:01

マイルドハイブリッドになるまえのソリオ海苔です。

高速道路の状態や乗っている人の数、エアコンの使用の有無、走り方、風、道路の状態で燃費は大きく変わります。

100km/hだと20km/lきることもありますね。
一方、一人乗車で燃費を意識してメーターで87km/hくらいで走るとカタログ値をこえたこともあります。
(東名横浜町田IC-名神草津PA)
一方向かい風が強いと伸びません。
エアコンを入れると90km/hでも21~22km/lにおちちゃいます。
100km/hだとトラックなどに追い付くので加減速が増え燃費は悪化します。

北海道でためしたところ
メーター読みで57~64km/hで100km程走ると30km/l(信号停止2回)。
65~70km/lで120km程走ると28km/l(信号停止1回)くらいでした。

e_koro_gさん

2017/10/605:53:21

1500ccクラスの非ハイブリッド車で、瞬間燃費計と平均燃費計の付いている車に乗ってますが、高速道路で100km/hで走行した場合、良くてもカタログ燃費値の8割チョイ程度の燃費に落ちます。しかも速度上げると平均燃費が段々落ちてきます。この辺りの速度域だとどうやら空気抵抗より「ギア比」というか、CVTの変速スケジュールとの兼ね合いの影響が大きいでしょうね。

「燃費計測用」の最高速度は84km/hで、それもごく一瞬です。
40〜60km/hの速度域での走行が多くなっているため、CVTのシフトスケジュールがそれに合わせて燃費が最適化するようになってまして、実際問題、軽自動車を含めた小排気量の所謂「超燃費車」の場合は90km/hを越すとみるみる燃費が悪くなって行きます。何か「JC08モードでの燃費出し命」の仕様になっていて、70km/h以上の速度域の燃費は「捨てている」というか無頓着のように見えますね。
空気抵抗というよりはエンジンパワーが小さいので、どうしても高速になると負荷がかかり、燃費には悪い領域になる……というのがコトの真相のようです。

2500ccクラスもしくはドイツ車などの過給機付きエンジン仕様の多段AT車なんかの場合は、高速道路走行時の燃費の方が結構良いというモノもありますけど。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ten19990810さん

2017/10/523:28:21

これが輸入車なら20なんて軽く行くけど
国産のカタログ数値はあてにならない

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。