ここから本文です

投票受付終了まであとわずか ベストアンサーにふさわしい回答に投票してください

投票すると知恵コイン5枚プラスされます。

漂白剤で塩素系と酵素系がありますが、漂白するにあたって大きな違いはありますか?

mcllttankさん

2017/10/717:44:09

漂白剤で塩素系と酵素系がありますが、漂白するにあたって大きな違いはありますか?

補足塩素系漂白剤で洗濯しましたが、思ったより白くなりませんでした。水道水使用です。

閲覧数:
26
回答数:
2

違反報告

回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

coloridealさん

2017/10/812:26:20

うちは酸素系は色柄ものの漂白に使って塩素系は白いものに使いますね。

プロフィール画像

カテゴリマスター

pukapukatakaさん

2017/10/719:21:06

酸素系漂白剤はシミの色素だけを分解し、繊維の色柄までは脱色しませんので、洗濯用としてはこちらの方が一般的です。
こうそけいではなく酸素系(さんそけい)です。

酸素系漂白剤の漂白除菌除臭効果を十分発揮させるには、
①水温は40〜50度(熱いお風呂くらい、ギリギリ手を入れられるくらいの熱さ)
②お湯1リットルに対し粉末小さじ2(10ml)以上の高濃度
③30分以上のつけ置き
が必要です。

また、酸素系漂白剤は、弱酸性の液体酸素系漂白剤より、
アルカリ性の粉末酸素系漂白剤の方が漂白力が高いです。

塩素系漂白剤は漂白力が強力で、繊維の色素まで分解するため色柄が脱色してしまいます。
また、塩素系漂白剤は除菌力も強く、アルコールでは殺菌できないノロウィルスにも効果があります。
塩素系漂白剤を衣類に使うのは、どうしてもシミが落ちないときなど最終手段にした方がいいです。
白物と思っていても、塩素系漂白剤をつけた部分だけ微妙に色味が変わってしまう場合もあります。

塩素系漂白剤は、酸性のものと「混ぜるな危険」です。
有毒ガスが発生します。
酢やクエン酸、トイレの尿石取り洗剤などが酸性です。
生ゴミなども調味料などで酸性になりがちなので注意です。

漂白剤の種類と特徴
http://www.live-science.com/honkan/jissen/bleach.html

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

タグランキングを見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

暮らしと生活ガイド

家事

  • 掃除
  • 洗濯、クリーニング
Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。