ここから本文です

給与所得の源泉徴収票について質問です。

matya1139さん

2017/10/823:14:17

給与所得の源泉徴収票について質問です。

今年の年末調整で上記の書類が必要なのですが
自分、28/4に前職に入社して29/1/31に
退職し、29/9/22に新しい会社に採用されました。

退職した時、会社からは
平成29年分の退職所得の源泉徴収票、離職票、2月分の給与の明細のみ送られてきて平成29年分の給与所得の源泉徴収票は送られてきませんでした。

新しい会社で年末調整があるのですが
これは、退職先の総務部等に29年分の給与所得の
源泉徴収票の発行を依頼した方が良いのでしょうか?

補足2月分の給与とは、29年の1/26と2/27にそれぞれ給与の振込があり、2月分の給料のみの明細が送られてきたという事です。

閲覧数:
230
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sui_sui_xxさん

2017/10/823:22:20

>これは、退職先の総務部等に29年分の給与所得の源泉徴収票の発行を依頼した方が良いのでしょうか?

平成29年になって支払われた給与があるということですね。
それであれば当然そうしたほうがいいです。

「所得税法 226条」

給与等の支払をする者は、財務省令で定めるところにより、その年において支払の確定した給与等について、その給与等の支払を受ける者の各人別に源泉徴収票二通を作成し、その年の翌年1月31日まで(年の中途において退職した居住者については、その退職の日以後1月以内)に、一通を税務署長に提出し、他の一通を給与等の支払を受ける者に交付しなければならない(一部略す)。

ということで年の途中で退職したときは源泉徴収票は退職から1ヶ月以内に、またそうでない場合は翌年の1月31日までに交付しなければいけないと決まっています。

ただ法律で決まっているからと言って、みんながみんな法律を守るとは限らないということです。
とぼけて中々送ってこない会社もあります。

  • sui_sui_xxさん

    2017/10/823:54:10

    >2月分の給与とは、29年の1/26と2/27にそれぞれ給与の振込があり、2月分の給料のみの明細が送られてきたという事です。

    ですからそれは平成29年になってから給与が支払われたということでしょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hktxk801さん

2017/10/1022:41:42

先の方に補足

実務上(人の出入りの激しい業種だと特に)
「辞めた人がまた戻ってくる可能性がゼロじゃない」ので
年末で〆てから来年の確定申告に間に合うタイミングで送付する
取扱の企業は確かに存在します
(…というか弊社がそうです)

依頼したらすぐに作成して発行しますので、
間に合うようにお早めに依頼するべきですね

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。