ここから本文です

第二種テコについて教えてください。

ybb********さん

2017/10/901:35:50

第二種テコについて教えてください。

http://www.tm.hum.titech.ac.jp/Basic_Biomechanics/6.pdf#search=%27%...

上のURLのサイトで下のような図を見たいのですが、

足の例で
つま先が支点で
足首の関節が作用点
とありました。

これでいいの?関節が支点で
つま先が作用点のように私は思うのですが。

なぜなら力点である筋肉は
関節に連なる骨に付いているのですもの。

力点となる筋肉がつま先についているのなら図の通りですが
筋肉は足首の関節の元に連なる骨についているのですから。

支点と作用点の決め方が分からなくなってしまいました。
ほんとに足で立つしくみは

第二種テコなの??
教えてください<(_ _)>

作用点,支点,力点,つま先,関節,土砂,器具

閲覧数:
96
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

2017/10/906:59:13

あなたの考えが正しいと思います。
ここに足首の例を持ってくるのはおかしい。

  • chi********さん

    2017/10/908:46:09

    関節からつま先までの距離をℓ1、関節からかかとまでの距離をℓ2、体重を G、つま先が地面から受ける抗力をN、筋肉の力をFとする。
    筋肉はかかとと上の骨に接続されている。
    つま先立ちのとき
    鉛直方向の力のつり合いについて、
    上向きはNとF、下向きはGとFなので
     N+F = G+F
    ∴N = G  ・・・①
    関節回りのモーメントのつり合いは、
     Fℓ2 - Nℓ1 = 0
    ∴F = (ℓ1/ℓ2)N
    ①を代入して
     F = (ℓ1/ℓ2)G
    一般的にℓ1/ℓ2 > 1 なので、体重より大きな筋力を必要とする。
    「小さな力で大きな物を動かす」ことにならない。

    ※それぞれの力は角度が付いているが影響は小さいので無視した。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/10/15 14:26:03

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kam********さん

編集あり2017/10/902:21:39

つま先立ちする際に
足の甲(の骨)はどう持ち上げられているのか
という理論についてですよね。

その図のすぐ右の、土を運ぶ器具と
同じですが難解でしょうか?

土砂を運ぶ器具は
タイヤ部分を固定してると考えれるので支点
持ち上げるのはハンドル部分なのでそこが力点
持ち上げたい土砂が乗ってるのは真ん中で作用点

全く同様に、
つま先が固定されてると考えられるのでまず支点
筋肉がふくらはぎがメインなのでそこの腱を力点
全身に繋がる骨格がある真ん中が作用点

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる