ここから本文です

税務申告書作成を教えて下さい。 小規模会社の経理をしており、決算書までは作成...

k_michi_skyさん

2017/10/912:19:57

税務申告書作成を教えて下さい。
小規模会社の経理をしており、決算書までは作成ができます。
ただ、引継ぎ等がなく12月申告をするのに優良な申告書作成の本を探してます。

ネットで色々調べてみましたが、別表の存在が何なのか?どこになんの数字を入れ込めばいいのか?等、基本的なことがちっともわかってないズブの初心者でもわかるような税務申告書の本をご存じの方がいらっしゃれば、是非教えて頂けると助かります。
宜しくお願い致します。

閲覧数:
38
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tripotosさん

2017/10/915:11:48

会計がそこそこしっかりしているのであれば、基本別表についての記載要領については、「法人税申告書作成ゼミナール~上級編~」(清文社・鈴木基史先生)、決算の進め方や別表や様式の種類、簡単な記載要領については「STEP式 法人税申告書と決算書の作成手順」(清文社)、いずれも最新版がこの場合、良いと思います。反対に会計がしっかりしてなければ、特に前者の書籍は、理解不能ということもありうることですが、他のこの手の書籍もお読みになっても同じだと思います。
あと、会計上の税引後当期純利益から税務署の課税所得を出すまでの計算の仕方には「法人税申告書作成ゼミナール~対話式~」(清文社・鈴木基史先生)がありますので、そちらをよくご覧になればいいと思います。あと、法人税申告書全般については、「重点解説/法人税申告の実務」(清文社・鈴木基史先生)の書籍がいいと思います。網羅的に深く事例を含めての記載があります。すべて最新版がこの場合いいと思います。何が、どのように変更になったいる部分かがわかっておられている方であれば、多少古い書籍でもいいと思いますが。この書籍は、最寄りの図書館にあるいか、あるいは公立図書館の他市からの借り入れ制度で、他市の公立図書館からの借り入れも可能となります。最新版があるかどうかはわかりませんが、こういった制度を使えば、お金をかけずにとりあえずはしのげると思いますが、これらの書籍は、どのご本も良書だと思いますので、落ち着いた段階で最新のものをお求めになられることをオススメいたします。どの書籍を選ぶかによって、理解するスピードがかなり変わってくると思います。特に、申告書を書くのに理解が難しいと考えられる点は、別表4と別表5(1)の連関性と別表4の構造、そして仮払税金や認定損という考え方ですが、上の書籍、特に「~上級編~」では、これらのことを会計上の処理を交えて、いくつも事例を挙げて説明してくれてますので、会計処理のしかたによって別表上の記載が変わってくるのだと理解できます。なかなかこのような説明をしている書籍はありませんでした。会計上の処理→税務上の処理、会計上の処理から税務上の処理に調整するものとして別表上の処理があるという位置づけで記されております。
これは当然なのですが、しかし、このような形で一貫して進めている書籍は他にはなかったと思います。

  • tripotosさん

    2017/10/915:18:08

    この書籍をお読みになって、ちょっととお思いになれれるのであれば、最初から税理士先生にご依頼ください。ちなみに、先ほどの先生は、同じ清文社から消費税についての書籍も出しておられて、巻末にいくつかの事例集が掲載しており、基本的な消費税申告にあたっては、良かったと思います。消費税申告のベースとするには良い書籍だと思います。ただこれだけでは不十分です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

2017/10/912:36:18

法人税の解説書で初心者向けのものはありませんよ。
税理士を探した方が良いですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。