ここから本文です

なぜ促音表記に「つ」という文字が使われるようになったのでしょうか

azu********さん

2008/7/2822:38:54

なぜ促音表記に「つ」という文字が使われるようになったのでしょうか

促音は実際には発音はせず、直後の音を発音するのに待つ1拍ですよね?
それだったら、別に「つ」でなくてもよさそうなものですが。
がっこう:Gakkooだったら「く」でも、
とっさに;Tossa niだったら「す」でも
良さそうなのに、なぜ「つ」に落ち着いたのか不思議です。
入声音と関係があるのでしょうか?

閲覧数:
5,828
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aki********さん

2008/7/2901:00:11

お察しの通り、入声音と関係があります。

古くは日本語には撥音と促音がなく、今よりも厳密な
開音節言語(母音だけで終わる言語)だったと考えられています。
そのような完全な開音節言語だった日本語に、奈良時代頃から
漢語が盛んに入ってくるようになりました。
初めの頃は現在の英語のような文明的外来語として学ばれ、
子音終わりの漢字も、そのまま子音終わりで発音されていました。

しかし、奈良時代にも既に、一般庶民の間に広がって日本語化した
漢語があり、そのような漢語では、子音終わりの場合に母音を付けて
日本語化した発音が行われました。例えば「菊」は「kik」ではなく
「kiku」として発音され、和語のように扱われるようになりました。

平安時代になると、漢語がますます一般化して、
庶民の間にも多数用いられるようになってくるとともに、
日本語の音韻にも変化が起こり、撥音と促音が日本語の音韻として
確立してきます。そして、表記には様々な混乱が見られました。

現在では「撥音便」と呼ばれている音便には、登場初期は2種類ありました。
バ行、マ行から変化した「m音便」と、それ以外から変化した「n音便」です。
音便が誕生した平安時代から鎌倉時代までは、これらは区別されていました。
例えば「死にて」→「死んで」は「sinde」、
「飛びて」→「飛んで」は「tomde」という具合です。
またこの頃は、「三」は「sam」で「山」は「san」というように、
mで終わる漢字とnで終わる漢字が区別されていました。
また、当初は撥音と促音の区別がはっきりしておらず、どちらも
「母音を含まない特殊な音節」ということで共通の性質を持っていました。
これらがしっかり分化するのも鎌倉時代ごろからです。

m音便は最も早い時期は無表記で、そのうち「む」で書かれるようになりました。
「飛んで」は「飛むで」と書かれたのです。n音便も当初は無表記で、「なめり」が
「なんめり」と発音されたことは有名です。
やがて「む」とも書かれるようにもなりました。
促音も当初は無表記で、「取って」がしばしば「とて」と書かれるなどしていました。
平安時代初期頃から、促音を「む」と書く例も散見されますが、11世紀初頭までは
無表記が原則です。11世紀には促音の「む」が多くなるとともに、
11世紀中頃から、「ん」が出現し、撥音と促音の両方に用いられるようになります。
例えば「欲す」を「ほんす」とも書きました。

12世紀になると、m音便とn音便が合流し、m終わりの漢字と
n終わりの漢字も区別されなくなって、現在のような撥音が成立します。
こうして、所謂撥音が「ん」で表記されるようになりましたが、まだ促音も「ん」で
表記されることがありました。しかし、平安時代から稀に「つ」で表記される例が
見られるようになり、鎌倉時代中期以降に一般化します。

なぜこの時代に「つ」表記が出現し一般化したかという答えは、
入声の漢字の開音節化の時期にあります。
「k」「p」終わりの漢字は早くに開音節化し、「キ」「ク」「フ」終わりになりました。
ところが、「t」で終わる漢字だけは、室町時代末期になっても、
未だに母音を付けない形が並存していたのです。
室町時代には「連声」という現象が頻繁に見られますが、
これは当時子音終わりだった「ん」(n)と「つ」(t)の直後の音節が
影響を受ける現象で、
「人間は」が「ニンゲンナ」、「今日は」が「コンニッタ」のようになりました。
また、16世紀末にはキリスト教宣教師によって日本語がローマ字表記されましたが、
そこでも「仏滅」が「butmet」、「大切」が「taixet」、「時節」が「jixet」、
退屈が「taicut」などと書かれ、子音終わりだったことは明らかです。
「Bat. Bachi (罰)に同じ」という辞書の記述もあります。

促音が「つ」で表記されることになったのは、鎌倉時代中期から室町時代まで、
「-k」「-p」が先に開音節化してしまい、
「-t」が促音に似た響きの入声として残っていたからです。
当時は促音の小書きはありませんが、「今日」「仏滅」「大切」「時節」「退屈」は、
「こんにっ」「ぶっめっ」「たいしぇっ」「じしぇっ」「たいくっ」とも
書けるような発音でした。また、tの直後に子音が続けば、
一切(itsai)や一体(ittai)、一回(itkai)のように、
そのまま「いっさい」「いったい」「いっかい」にも聞こえる発音になります。
そしてこれは起源としては明らかにタ行の「t」であり、
母音が付いた「つ」(-tu、-tsu)の形とも並存していました。
従って、この発音が「く」でも「す」でもなく「つ」と書かれるのは自然でした。

もしkとpとtの開音節化の時期が同じだったら、
促音の表記はもっと混乱していたでしょう。
鎌倉時代中期から室町時代にかけて、tだけが子音終わりで残っていたからこそ、
促音の表記は「く」でも「す」でも「ふ」でもなく「つ」に決まり、
それが定着したのです。

質問した人からのコメント

2008/7/29 12:52:51

うわっ〜、ありがとうございます!
ネットでいろいろ調べて、バラバラに頭の中にあった知識が、akitsendさんのご回答をいただいて線でつながりました。
矛盾した表現ですが、詳しくでも簡潔にお答えいただいて本当に感謝いたします。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる