ここから本文です

歯周病菌をソクランスキーは色分けしてピラミッド型に分類し一番影響のあるものを...

rluisemakoさん

2017/10/1823:00:05

歯周病菌をソクランスキーは色分けしてピラミッド型に分類し一番影響のあるものをレッドコンプレックス、その下にオレンジコンプレックス、更にイエロー、パープル、ブルーなどに分けていますか

、色分けの根拠というか何故そのグループをブルーならブルーとしたのか理由を教えてください。培地や細菌そのものの色と関係あるのでしょうか?

補足専門家でしか解らない質問で申し訳ありません。詳しい方よろしくお願いします。(≧∇≦)

閲覧数:
52
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2017/10/2405:29:14

色分け根拠の定説はなさそうです。

ただの気まぐれという説もありますし、ソクランスキーさんの色彩感覚だという説もあるようです。

真実はソクランスキーさんか彼の関係者に聞く以外にはわからなさそうですよ。

  • 質問者

    rluisemakoさん

    2017/10/2413:07:09

    回答ありがとうございました。難しいですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。