ここから本文です

先日ジムのローマンベンチで、バックエクステンションを85㎏分のプレートを持って...

pan********さん

2017/10/1617:47:55

先日ジムのローマンベンチで、バックエクステンションを85㎏分のプレートを持って行なっていたところ、加重しすぎはマシン破損につながるのでやめてくださいと言われました。

(テクノジムというメーカーのもので体重制限で120㎏であって、人がプレートをもって行うような角度でマシンに重さがかかる重量はそこまで想定されていないらしく、想定されていたにしても体重と加重あわせてマシンに乗る重さは175㎏なので余裕で超えてることになります)

ということでバックエクステンションをできなくなりました。

出来れば好きな種目でもあるバックエクステンションを行いたいので、何とか代わりに出来る方法はないかと考えているのですが、画像のような方法でやろうかと試してみたものの足が固定されないなどの問題もあり、できませんでした(押さえてくれる人などはいません)

なにか方法があれば教えてください。

バックエクステンション,プレート,加重あわせてマシン,ローマンベンチ,テクノジム,スティフレッグドデッドリフト,脊柱起立筋

閲覧数:
547
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jag********さん

2017/10/1712:47:57

トレーニングベルトで固定できるようにも思うけど、ベンチの片方を台の上に乗せてするのは、行ってる本人よりも周りの人の方が「大丈夫?」と思うような。

バックエクステンションは、脊柱起立筋狙い?ハムスト狙い?

私は、脚の日に、スティフレッグドデッドリフト(あるいはルーマニアンデッドリフト)とレッグカールのセットを好んで取り入れてますが、このデッドリフトをしないときにバックエクステンション(ハムスト狙い)を。また、背中の日には、最後の仕上げにバックエクステンション(脊柱起立筋狙い)をしたり。ハムスト狙いでは、20キロのバーベルプレートを数枚重ねて持ってやるようにしてます。

ハムスト狙いなら、脚をしっかり伸ばして、股関節から上体を折るように床に頭が付くぐらいに深く下すけど、起こしはさほど大きくはしなくてよいので、この要領なら見過ごしてもらえていたかも。

臀部やハムストへの負荷を抑えて脊柱起立筋に負荷を集中させるために、背骨から曲げ伸ばしをするこなしがあります。ハムスト狙いのときよりもベンチでの身体を下にずらして、おへそ中心に背中を曲げたり伸ばしたりを。上体は大きくは下げず、起こしは脚の延長上のライン辺りまで。このこなしでは、大きな加重はしなくてもピンポイントで脊柱起立筋に負荷をかけられます。

  • 質問者

    pan********さん

    2017/10/1715:45:03

    ありがとうございます。脊柱起立筋狙いです。デッドリフトの重量を伸ばすために取り入れておりデッドリフトはハムよりもどちらかといえば背中で挙げてるので脊柱起立筋を狙ってやるようにしてます。

    ですので、深く下ろしてしなければいけないので見逃してもらえませんでした。

    抜けなさそうなその方法で試してみます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/10/17 15:45:20

ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

bas********さん

2017/10/1618:11:51

バックエクステンションでの加重は大抵のジムでは断られると思いますね。

バーベルを用いたグッドモーニングではどうでしょうか?

バックエクステンションでの加重は大抵のジムでは断られると思いますね。...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる