ここから本文です

電線圧着後のテープ巻きについて

tmrkn814さん

2017/10/1911:31:26

電線圧着後のテープ巻きについて

施工計画書に、
「電線圧着接続後、ビニールテープを半分以上重ねて2回(4層)以上巻く」と記載したら、
設計監理さんから、ケーブルが太くなったら巻数も増えてくるから調べといてと言われたんですが、そうなんでしょうか?
あるなら〇sqから3回って感じで教えて頂けませんか?

閲覧数:
75
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

qaqa_7878さん

2017/10/2314:13:06

ケーブルによって
被覆の厚み、材質が違うので

「接続部分は電線の絶縁物と同等以上の
絶縁効力のあるもので十分に被覆すること」
から

「元の絶縁被覆と同等以上に巻く」
としか表現できないと思う。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

nnrps226さん

2017/10/2205:11:32

そのような話聞いたことがありませんが。接続場所や接続方法によって絶縁テープの巻数は規定数より多く巻くことがありますけど、ケーブルサイズが太くなったから巻数が増えるという規定は知りません。例えばですが太い電線を接続してボックス等に収納する際はどうしても反発力が大きくボックスの側面等に接続した部位が押さえつけられる格好になりますので、そういう時は3回も4回も多くテープを巻きますけど。
ご質問者様が電技や内線規定で調べてそのような規定がみつからなかったら素直にそのように設計監理さんに伝えてみてはいかがでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。