ここから本文です

フォローまで顔を上げないようにボールを見続けようとすると右肩が下がりダフりま...

アバター

ID非公開さん

2017/10/2007:45:30

フォローまで顔を上げないようにボールを見続けようとすると右肩が下がりダフります。

それでも顔を上げないようにした方がいいんですか?

閲覧数:
419
回答数:
20

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gorugo8777さん

2017/10/2108:53:52

グァーハッハ、ふぉーふぉっふぉ
頭、右肩なんてまったく関係ないですね((´∀`))ケラケラ。

グリップ、クラブの使い方の問題ですね
https://www.youtube.com/watch?v=g2FUZb-Kyck
https://www.youtube.com/watch?v=a338DFLE4Wk
この二つは全く違うクラブの使い方ですが見えますか
こんなことも見えないホラフキシングル戦国群は、うんこ、ですか

こういう素振りをしなさい
https://www.youtube.com/watch?v=9ocKOe-zHWs

このカテはホラ吹きシングル戦国でいっぱいですね((´∀`))ケラケラ。
ゴルフのスイングは股関節で決まてフットワーク腰の回転
だけでクラブがしなります、85叩きでは死ぬまで
理解できません((´∀`))ケラケラ。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/19件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

golf4jikuさん

2017/10/2103:54:36

〉ボールを見続けようとする①・・・NG

結果としてボールが見える②・・・OK

~~~
Ds~Imp~followでは現象的にゴルファーは左回転します・・・脊柱を構成する椎体間の左回転方向への"関節の遊び"が順次コロされるということ

頚椎群の関節の可動性が維持されているスイングでは体幹の左回転→7頚椎→6→・・・2&1頚椎となるので、頭部姿勢の変化(左回転)までに時間的なズレが生じる・・・これが②の構造的理由、TBで下半身運動が上半身に先行するのと同じメカニズム

頚椎群が硬いと体幹と頭部の左回転運動が同期する(①)のでボールが見える時間は短い・・・無理に見ようとすると体幹は左回転、頚椎間では右回転という超絶難問というか無謀の極みに向き合うことになる←普通は無理(>_<")


で、既出ですが「グリップとアドレスとスイングを直す」がお奨めかな(=^ェ^=)

2017/10/2022:49:57

教えかたか間違っているのでしょう、かわいそうです。わたしに習いにきなさいね。

2017/10/2021:21:57

「顔を上げないようにした方がいいん」じゃなくて、顔を上げないように意識するとミート率が上がるよって練習です
実際は上げて下さい
ボールがどこ行ったかちゃんと見てないといけないので

ダフるのは良く分かりません

ewzxoさん

2017/10/2019:28:34

ba_ma_sterさん と同じ意見です。
顔を上げないとミート出来ないスイングに問題があります。
スイングで上下移動があるのでは?

ba_ma_sterさん

2017/10/2014:13:29

他の箇所が問題あるので今取り組んで
いる事はほとんど意味がありません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。