ここから本文です

包帯固定学を学んでいると、「ギプスシャーレ」という言葉が出てきました。 この...

kon********さん

2017/10/2309:55:43

包帯固定学を学んでいると、「ギプスシャーレ」という言葉が出てきました。
このシャーレはどういった由来からきているのでしょうか。

科学実験などで使われるガラス皿のシャーレは知っているのですが、関連性が思い当たりません。
もしお構いなければご回答のほどをよろしくお願いいたします。

閲覧数:
478
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ryo********さん

2017/10/2312:18:25

シャーレは、細菌培養の培地を入れる容器です。

1枚だけで実験用の皿として使われることも多いですが、本来は培地を入れる容器にかぶせる一回り大きな蓋とがセットになっています。

上下を合わせて使うことから、上下で挟み込むギプスのことをギプスシャーレと言います。

  • 質問者

    kon********さん

    2017/10/2313:02:45

    ryokomamarinnさん
    ご回答ありがとうございます。
    シャーレは蓋つきで2枚で1セットだったのですね。
    納得できました。ありがとうございます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

p_e********さん

2017/10/2311:03:07

http://www.noratextile.com/archives/3156

ギプスシャーレというのは、
ギプスを半分に切ったものです。

骨折の際などに
ガッチリしたギプスを半分に切り、
それを固定に用います。

これは骨折などの際、
ガッチリ固定していたことにより、
少しずつ回復し、
それほどガッチリとした固定が必要なくなってから使用します。

ギプスシャーレは取り外しが可能なので、
お風呂などにも快適に入ることが出来るようになるのです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる