ここから本文です

岩波文庫の『イソップ寓話』を購入、まだ、読み進めていないのですが、目次を見た...

siz********さん

2017/10/2321:55:26

岩波文庫の『イソップ寓話』を購入、まだ、読み進めていないのですが、目次を見たところ、《乳しぼりの娘》がありません。

巻末の解説ですと、イソップの寓話の底本、全てを邦訳したとありました。
《乳しぼりの娘》は、他のイソップの本の中で、取り上げられることが多い話しのひとつだと思いますが、実際には、『イソップ寓話』の中には、ない話しであるのに、何かの機会に、他から取り入れられ、いつのまにか、イソップの話しとして、定着したのでしょうか?
この辺の事情がおわかり方、よろしくお願いします!

閲覧数:
57
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tet********さん

2017/10/2419:08:55

《乳しぼりの娘》は、タウンゼント版「イソップ寓話集」に収められているようです。岩波文庫の「イソップ寓話集」は、ペリー版で、含まれていません。

岩波文庫の巻末に掲載されている「対照表」の通り、編集者によって、採録された寓話は、異なります。

タウンゼント版は、本はなさそうです。インターネット上で日本語訳が公開されています。寓話の元となる原典も注記されています。

https://www.bing.com/search?q=%E3%82%BF%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%BC%...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる