ここから本文です

p-トルエンスルホン酸(pKa=-2.8)と塩酸(pKa=-8.0?)で、

fdw********さん

2017/10/2419:09:13

p-トルエンスルホン酸(pKa=-2.8)と塩酸(pKa=-8.0?)で、

トシル酸ナトリウムと塩酸の混合水溶液からトシル酸を取り出す(=プロトン再生)するには、単純に混ぜて、混和しない有機溶媒を加えて静置し、有機層を取り出して水を加えて静置、を何度か繰り返せばokですか?

閲覧数:
413
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nov********さん

2017/10/2420:23:11

ここまで酸性が強いと、pKaよりも、塩酸の量とスルホン酸の溶解度が効いてきます。

> 単純に混ぜて、

混合水溶液を混ぜるとは何でしょうか。

> 混和しない有機溶媒を加えて静置し、

分液すれば良いと思います。

> 有機層を取り出して水を加えて静置、を何度か繰り返せばokですか?

水を加える理由がないと思います。むしろ有機溶媒での抽出を繰り返しましょう。

pKaも分液もそうですが、きちんと定量的に、数字で説明できない考察に時間を取られているように思います。
高校レベルを超えても良いので、理論系を強化した方が良いと思います。

  • 質問者

    fdw********さん

    2017/10/2420:55:43

    混ぜるというのは、Na塩と塩酸を、です

    ああ、間違えました、静置→水層に有機溶媒をまた加え、繰り返す

    pKaを示したのは、単純に酸が遊離しないという事実を示した?だけです
    これを定量的に知るためには分配平衡がの知識が必要なのはわかってます

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる