ID非公開

2017/10/25 19:10

1313回答

塩=高血圧がウソ。私の医者はウソを言っていたのでしょうか?

塩=高血圧がウソ。私の医者はウソを言っていたのでしょうか? 世界一受けたい授業でやってました。 私は高血圧で医者に通い降圧剤をもっています。 どのくらい塩分量が体に含まれているかの正確な検査は難しいそうで、また、私自身そこまでの検査をやらなければならないほど重症ではないと言われました。 しかし、先生からは高血圧の原因は、成人病などの肥満や塩分の取りすぎが主な原因だと言われました。 だから、塩分摂取を気をつけるようにと。 日本人は外国に比べて塩分を撮りすぎていると。 日本食が漬け物や味噌汁など塩分が多いものが多いからだと言われました。 なので、なるべく減塩醤油や、味噌汁を控えるとか減塩味噌汁にしていましたが。 TVでは塩=高血圧ではないとやっていました。 逆に減塩しすぎると病気になる。と。 1日6g以下だといけないようです。 さらにデータとし説得力があったのは、日本人の塩分摂取量は戦後から現在に至るまで右肩下がりで、約半分だそうです。 にもかかわらず、高血圧患者は右肩上がりだそうです。 つまり、日本人の塩分摂取量は減っているのに、高血圧は増えている。 塩分が原因ではないと言うデータでした。 さらに味噌汁は塩分過多の原因ではないようです。 驚きましたが、高血圧の人にこそ味噌汁をすすめると言うのです。 味噌の中には血圧を下げる働きや、塩を腎臓から出す働きがあるので、塩分が打ち消されるそうです。 逆に、大豆イソフラボンで動脈硬化を抑え血管を若返らせる働きがあって良いと。 どう思いますか? たまに、私がTVの健康番組の情報を先生に尋ねると、バカにしたようにあしらわれます。 口にはだしませんが「どうせTVの情報でしょ?」って感じで。 実際には、私が話をしても「TVでは、なんと言ってた分かりませんが」と言われて聞く耳を持ちません。 もう、それからは先生にTVの情報は話ませんが、本当は先生の方が情報が間違っているんじゃないか?とモヤモヤします。 と言うか、若い50手前の先生ですが、先生の習った時と医学常識が変わっていても、新しい知識を入れてないんじゃないか?と不安になります。

補足

https://www.dailymotion.com/video/x65kpmr dailymotionで「世界一受けたい授業10月21日」の動画がありました。 30分46秒くらいからです。

病院、検査2,454閲覧

ベストアンサー

2

事実かどうか分かりませんが、それらしい文書を見つけました。1999年なのでちょっと古いです。 ”食塩摂取量と高血圧の因果関係をめぐって 栄養学雑誌Vol.57 No.5249~258(1999)” https://www.jstage.jst.go.jp/article/eiyogakuzashi1941/57/5/57_5_249/_pdf 引用 ”塩と高血圧との関係は仮説でしかなく,それはまだ証明されていない。” ”1966年から1997年までに発表された減塩の効果に関する論文をメタアナリシスした結果では,万人に減塩を勧めることを支持していない。科学的なデータの裏付けがない(結果に再現性がない)にもかかわらず,予防医学の観点から,疑わしきは罰するという考え方から,塩に対する保健政策が行われてきた。” ”減塩効果には再現性がなく,それどころか集団内で被験者を個人別に見ると,減塩に対する血圧応は正規分布を示す5,6)。従って,減塩により逆に血圧が上昇し危険になる人々もいる。”

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

塩分感受性の強弱の個人差が有るのかもしれませんが、必ずしも塩分が高血圧になるという再現性のある科学的なデーターも無いのかもしれませんね。 今回の多くの回答をいただき、TVを鵜呑みにするつもりは有りませんが、全く番組内容がウソだったら、発掘あるある大辞典のように、いつかBPOにバレるでしょう。 そうならない間は、TVもウソとは決めつけられませんね。

お礼日時:2017/11/1 17:01

その他の回答(12件)

0

TVの情報でも収受選択をしないで 「うのみにするとそういう事になる見本です!! その番組をよ~~く理解したら そういう事にはなりません! 例えば長野県民の平均寿命は今トップクラスです 嘗て(20年ほど前)は、ワースト争うのトップを独走していました 理由は「野沢菜漬け」です その量を減らす運動が実って 寿命が延びた・・・ 厳然たる事実です

0

テレビの番組は番組製作者の意図に沿ってコメンテーターや資料などを集めて放送するので公平とは言えません。特に常識とは違うことを取り上げれば視聴率が上がりますから。 こういう番組では別な放送局の番組では全く正反対の内容であることも多々あります。 だからまともな医師ならテレビの情報なんて相手にしないのです。 高血圧の原因が塩分摂取がすべてとはなりませんが一因であることは確かです。ただそれも人によって影響は違いますから、一部のサンプルでは結果は偏ります。 また人種によっても違います。 >日本人の塩分摂取量は減っているのに、高血圧は増えている。 塩分が原因ではないと言うデータでした。 それは統計のトリックです。同じ人で他の条件は全く同じにして塩分を多くとった場合とそうでない場合を比べないと比較なんてできませんがそういう実験は不可能です。 時代や背景、生活習慣の違う異なる年代のものを結果の数値だけ比較しても正確ではありませんが、それを都合のいいように悪意を持って利用することは多いです。高血圧の定義も年ごとに変わっていますし。 ただし一日6g以下というのも一人歩きしている感がある。それは理想や目標であってそうでなければならないというものでもない(すでに病気をもって制限されている人は別ですが)。

1

塩感受性のある人だけが減塩で降圧効果があります。あとは、2000年まで高血圧の基準が160/95でしたが(1983年くらいまでは180/100)それ以降はご存知だとは思いますが診察室血圧140/90です。基準が変わったことで高血圧の患者も増えましたね。そういうカラクリもあるということです。

1人がナイス!しています

0

塩分も一因ですね。 いびきや無呼吸のようなことがある 充分リラックスできていない質の悪い睡眠 過度の睡眠時間の不足 働きすぎ 精神的な過度のストレス 等も一因になりますので。 無理をしない程度のウォーキング 鼻から息をゆっくり吐くことを意識した腹式呼吸、深呼吸 温めの湯でゆっくり入浴 全身の血行をよくするといわれる爪もみ よく笑う 定期的に体を軽く動かす 睡眠時間の確保 活動と休息のバランスがとれて 冷え感やこりのないよう血液が隅々までスムーズに流れて からだの機能が上手く働くそうです。※血行がよいこと※

0

医師です 高血圧=すべて食塩が原因は嘘です でも、食塩と高血圧は無関係も嘘です 他の方の方の回答にもあるように、食塩をとることで血圧が上がる食塩感受性高血圧は、人種差もありますが、日本人なら半数くらいです。このことは以前から言われていることですが、逆にいうと、減塩が有効な人もいるということです。ただ簡単に区別ができません。なのでみなさんに減塩をすすめているというところでしょうか? この番組はネットニュースで私も後で知ったのですが、誰が監修したのでしょう?多分このことを全く理解できていない人が適当に作ってます。我々の仕事上も非常に困るのです。示されてる疫学のデータでは、科学的には全く根拠になっていません。主張するにも示すべきデータが違います。メルクや昔のあるある大事典とやってること変わりません