ここから本文です

下請法の質問です。継続取引の製造委託で毎月、支払い遅延が判明した場合、支払い...

fut********さん

2017/10/2609:21:59

下請法の質問です。継続取引の製造委託で毎月、支払い遅延が判明した場合、支払い遅延利息の請求は何年前まで遡れますか?(時効?)わかりましたら教えてください。

閲覧数:
243
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

J-45さん

2017/10/2609:39:00

下請事業者の給付を受領した日 略 から起算して六十日を経過した日 から遅延利息 が発生すると規定しています。
消滅時効 については定めていません。これを以って消滅時効はないとは言いませんが、下請け事業者を保護するための 下請代金支払遅延等防止法 の趣旨から、消滅時効 を元請けから主張しないことはもちろん、下請け事業者 に消滅時効 の受け入れを強制することも許されないと解されます。



下請代金支払遅延等防止法
(遅延利息)
第四条の二 親事業者は、下請代金の支払期日までに下請代金を支払わなかつたときは、下請事業者に対し、下請事業者の給付を受領した日(役務提供委託の場合は、下請事業者がその委託を受けた役務の提供をした日)から起算して六十日を経過した日から支払をする日までの期間について、その日数に応じ、当該未払金額に公正取引委員会規則で定める率を乗じて得た金額を遅延利息として支払わなければならない。

  • 質問者

    fut********さん

    2017/10/2609:51:59

    ご返信ありがとうございました。ただ、50年以上前からの取引がそのまま続き、下請法で定める60日よりも長い期間で取引が継続していたとすると支払い遅延利息はどこまで請求していいものか、例えば商法なら5年かとも思いますし、下請法の書類保管義務は2年ですしよくわかりません。もしわかりましたらよろしくお願いします。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる