ここから本文です

クリスマスローズの新芽が伸びてきました。 古い葉は、そのままにしてきたのです...

アバター

ID非公開さん

2017/10/2622:31:03

クリスマスローズの新芽が伸びてきました。
古い葉は、そのままにしてきたのですが、今後も古い葉は残したままにしておいた方がよいでしょうか。
現在の状態を載せました。これから、育てるに

あたり、気をつけた方がよいことを教えていただけますか。肥料の種類や水くれの頻度など、開花までの注意点をいろいろ教えて頂けたら助かります。
よろしくお願いします。

クリスマスローズ,肥料,古い葉,新葉,注意点,古葉,新芽

閲覧数:
440
回答数:
7
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

はせままさん

2017/10/2710:53:38

古い葉は切ったほうが良く、その時に地際からでなく、つまんで取れるくらい残して切ります。
土の中に古枝が残りますと腐敗しますので、そのうちにぽろっと抜けるようにです。

これからが生育期ですから肥料もあげます。
私はニーム入りの油粕あげました。緩効性の粒の肥料でも良いです。
水はけの良い土を使っておられると思いますので、水切れに注意しながらなるべく日に当てて育てます。生育期は乾きが早いのでほぼ毎日あげてます。

葉を大事に育て、花が咲くころにまた硬くなった葉を切りますと日光が株元によく当たり花芽が良く上がります。

おおむね(株によっても変わりますので)年に2回、固くなったり枯れたりした葉を切る、という事です。

寒さにはとても強く、凍っても大丈夫ですが、雪などの物質的な重さで傷むことがありますので、注意が必要です。

古い葉は切ったほうが良く、その時に地際からでなく、つまんで取れるくらい残して切ります。...

アバター

質問した人からのコメント

2017/10/31 13:10:24

くわしく教えて頂きありがとうございました。
素敵なお写真も載せて頂きありがとうございます。
大切に育てます。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

miy********さん

2017/10/3012:08:23

クリスマスローズの古葉は新葉を延ばすための役割がありますが伸びきったら役目が終わったので切ってよいです。
https://happamisaki.jp-o.net/flower/k/christmasrose.htm

jdi********さん

2017/10/3011:56:36

こんにちは。
古い葉を切る、古葉切りという作業ですが、しなくても良いと思います。
しないとダメというのがセオリーとなっているようですが、これは生産者が花を美しく見せる都合が大きいです。
葉が多いと花が埋もれて見えないから切るという一手間が、一般的にも普及したものかと考えてます。
写真で見た感じだと古い葉は枯れ込んできてますから、取り除いても良いと思いますが、まだ青い古葉は切る必要はどこにもありません。
セオリーとは異なるかもしれませんが、古い葉を残すことには意味があります。
これは理屈っぽい話になりますが、クリスマスローズの葉の形状などには意味がありますので、意味がある形状の葉を落とすのは如何なものかと考えてあげて下さい。
植物も生きていくのに無意味なものは無いと言うことになります。
これは植物の気持ちになるとわかると思います。

管理についてですが、植え替えを最後にしたのはいつになりますか?
用土が崩れているように見えるので、軽く根鉢を崩して植え替えしてあげると良いかもしれないです。
水やりですが、表土だけ乾いても鉢の中は水分で満たされてる場合がありますので、鉢を持ってみて確認する方法が良いかもしれないです。
重ければ水分は足りてますし、軽ければ水分は減っていることになります。
これから葉が展開してくると、更に水を吸うようになりますので、水切れに注意して下さい。
肥培管理ですが、特にメーカーなどに拘らずに液肥など与えてあげれば良いと思います。
指示されている希釈倍数より半分くらい薄めであげるとリスクは減ります。
ちなみに、しっかりした用土なら肥料無しでも良く育つと思いますよ。

いろいろ書きましたが、ぶっちゃけてしまうと外国の雑草なので、あまり神経質にならなくて大丈夫かと思います。
ここで聞いてもわからないこともありますので、あれこれ試行錯誤を楽しむと良いかと考えてます。
開花した時の喜びは素晴らしいものがありますので、それを楽しみに愛情を注いであげて下さいね。

長々とクソ真面目に書いてしまい申し訳ございませんでしたm(_ _)m

プロフィール画像

カテゴリマスター

yur********さん

2017/10/2712:33:09

すでにお役御免状態ですので、これなら切って大丈夫ですよ。
新葉が出てないなら待ったをかけますが、ここまで見事に展開してればねぇ^^

花芽は夏の間に形成されてるので、葉切の時期とは関係ないと思います。
私自身はあまり時期にはこだわらず、葉が混みあったら蒸れ解消の為に間引きますし、傷んでればどんどん取り除きます。
常に「株サイズに合った元気な葉の数」を保つ様にしてれば、マニュアル通りでなくとも問題ありません。

ちょっと徒長気味ですね。
お日様に当たる場所に移動しときましょう。

pan********さん

2017/10/2712:07:25

古葉は病気の元なので11月初~2月初までに根本から切除します。
余り遅いと新葉が展開するので一緒に切ってしまう可能性あるので
展開前がいいです。
写真のは役に立たないのでもう根本で切っていいです。
古葉が葉焼けしてるので新葉の展開が早いです。

余り早く(~10月)に切ると新葉が展開してしまい
花芽が着きにくくなります。

chi********さん

2017/10/2700:23:55

私は育てていないのですが、本なら持っています。
原種とハイブリッドと2冊ありますが、ハイブリッドの鉢植えでしょうか。
10月は、2、3年植え替えてない株、春に入手して植え替えてない株は、二回り大きな鉢に植え替えます。(深めの鉢)
土は配合も載っていますけど、専用の土も売られていますよね。
株分けは芽数が多く、 細い枝が込み合っている株をわける。なるべく根を切らないようにほぐし、1株に最低2芽以上つけるようにハサミで割って離す。鉢植え同様植え付けて、日陰で10日程養成させて通常の管理に戻す。
鉢植えの管理
1日3時間以上日光の当たる場所に移動管理。
天気のいい日は1日一回、午前中にたっぷり。極端な乾燥は、花芽形成や生育の妨げになる。
肥料
鉢植えは肥料切れを起こしやすい。1ヶ月一回を目安、
リン酸分の多い暖効性化成肥料を6号鉢で約6グラム。
秋に葉の出る品種は、新葉に斑点細菌病やべと病などの病害が出る。このほか時期に葉を傷めると、花芽の生育に影響が出る。
11月は寒くても水を切らない。肥料は10月に同じです。気温がさがり、特に病害虫の発生はなく薬剤も必要ないが、観察はする。
12月
水やり10月に同じですが、たっぷりとはありません。
肥料は同じです。
葉の裏にアブラムシが発生することがある。ウイルス病を伝染させるので、アセフィート粒剤などを株元に散布すると予防効果有り。
古葉の切り取り
適期 11月中旬~12月
オリエンタリスなどは葉数が多く、花が葉に隠れて見えにくいので、古い葉を切り取る。株元を清潔にし病気の発生を防ぐ、生育や開花に影響はない。
葉柄を土際から五センチ程残して、古い葉は全部切る。
株元の雑草をきれいに取る。
鉢植えの場合、秋に展開した葉も全部切り取り、マルチングする。鉢土の飛びはね防止。あまり厚くすると過湿になり、病害発生の原因になるので注意。
あとNHKの趣味の園芸でも、時々クリスマスロールをやるので、番組内容をみるといいと思います。
詳しくなくて申し訳ありません。手持ちの本にあることです、少し待たれていたら育てている方の回答があるかと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる