ここから本文です

フィンペシアを9年、ミノタブを初めは5mg、途中から10mgにして6年ぐらいになります...

buk********さん

2017/11/522:27:53

フィンペシアを9年、ミノタブを初めは5mg、途中から10mgにして6年ぐらいになりますが全く効果がないし体毛も濃くなりません。

少しずつ薄毛が、進行してます。

最近からミノタブを20mgにしましたが効果ありますか?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
279
回答数:
3
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2017/11/611:29:23

AGAには、I型とII型があります。

♦︎Ⅰ型5αリダクターゼ・・・毛根の皮脂腺に多く存在
♦︎Ⅱ型5αリダクターゼ・・・毛乳頭に多く存在

例えばプロペシアはII型には良く効きますがI型には効かないのです。ミノキシジルはホルモンには働きかけません。

日本ではⅠ型5αリダクターゼに効く薬はデュタステリド(ザガーロ)ですが、ノコギリヤシエキスもⅠ型Ⅱ型両方の5αリダクターゼの抑制に効くと注目を浴びています。

質問者さんがもしI型ならデュタステリドのようにI型II型両方に効くものでなければいくら治療しても効果が得られない可能性があります。

参考迄

アボルブ(ザガーロ)デュタステリド
AGAの原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)の産生を手伝う5α還元酵素にはⅠ型とⅡ型の2つの型があります。
AGA治療薬として有名な「プロペシア(フィナステリド)」は5α還元酵素Ⅱ型のみに作用し、この働きを抑制します。しかし、Ⅰ型については抑制効果はなく、Ⅰ型によるAGAは進行します。
一方の「アボルブ(ザガーロ)」は5α還元酵素Ⅰ型及びⅡ型の両方に作用し、働きを抑制します。

デュタステリドは2001年に開発されたAGA(男性型脱毛症)と前立腺肥大症の治療薬です。2001年に「アボルブ」としてアメリカで前立腺肥大症の治療薬として承認され、続いて2009年に韓国でAGA(エージーエー)治療薬として承認されました。日本では2009年に前立腺肥大症の治療薬としてのみ承認されてましたが2015年にAGA治療薬として承認されました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sai********さん

2017/11/522:55:48

ズバリその確信を突いた理由をお答えしましょう。

男性型脱毛症(AGA)の原因となるテストステロンと5αリダクターゼの結合した結合体、悪玉ジヒドロテストステロンが薄毛を促進させる原因となっています。

そしてそのジヒドロテストステロンを抑制させる薬がプロペシア(フィンペシア)なのですがAGAの薄毛には2種類のAGAがあり『I型』と『II型』が存在し、プロペシアはII型のAGAのタイプにはプロペシアの効果を発揮しますが、I型のタイプからくるAGAに対してのプロペシアは全く効果を発揮しません。

そしてもう一つ、効果を得られない理由として考えられるのが貴方自身がAGAではない場合。

この場合は生活習慣が主な原因であり、AGAではない方がAGAの治療薬であるプロペシアやミノキシジルを服用しても、ただ無駄にミノキシジルなどの副作用(体毛が濃くなるだけ)を受けるだけで薄毛の改善には繋がりません。

あとはフィンペシア9年服用という事なので、あるいはフィンペシアの薬に対して『耐性』が出来てしまっている可能性が高いですね。

ちなみに本来プロペシア、ミノキシジルは服用してだいたい3年で体に耐性が出来ると言われています。

hag********さん

2017/11/522:35:08

凄い期間ですね
普通効く人はすぐ効果でますので3か月もあればかなり改善します

ミノタブが効きにくい体質のようですので、副作用が出る位の量まで増やして試してみるのもいいかもしれません
出来れば朝と夜に分けると効果的です

2chとかで50mg位飲んでいる人も見かけたことがありますよw

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

仕事のかけもちに関するアレコレ

みんなのアンテナ

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる