ここから本文です

南アフリカワールドカップの日本代表について質問です。 ① 当時の本田選手の位...

h38********さん

2017/11/614:14:12

南アフリカワールドカップの日本代表について質問です。

① 当時の本田選手の位置はセンターフォワードでいいのですか?もし今の日本代表で同じシステムを組むとしたら、本田の位置は大迫になりますか?

② ウィングで使われてた松井選手と大久保選手ですが、この位置で当時の中村俊輔選手や香川選手(代表にはもれましたが)を使うって策もありましたか?もし今の日本代表で同じシステムを組むとしたら、松井や大久保の位置は原口や乾になりますか?

③ 阿部選手がアンカーで使われてましたが、この位置で当時の中村憲剛選手や稲本選手を使うって策もありましたか?
もし今の日本代表で同じシステムを組むとしたら、阿部の位置は長谷部になりますか?

閲覧数:
195
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

nic********さん

2017/11/614:50:40


そうですね。本田はCFとして起用され、
今でいう大迫のポジションでした。

とにかく人数をかけて守る戦術だったので、
CFは前線でたった一人孤立してるなか、
ボールをキープして味方が上がる時間を作る必要がありました。
当時のメンバーで最も適任だったのが、
本田だったということでしょう。


中村や香川はなかったでしょう。
大久保や松井はウイングというより、
実際はサイドハーフよりも更に下がり目なウイングバックでした。

ここには基本的に守備をしつつ、
攻撃時に最前線まで上がっていくことが求められてました。
SBより前にいるもう一人のSBみたいなかんじです。
中村も当時の香川も、
その守備力や運動量の面で難点があったでしょう。
中村がスタメンから外れたのは、そういうことだと思います。

今の乾や原口なら、
運動量も守備のタスクにも要求に応えられると思います。


阿部のアンカー起用は、
彼の守備力、特にカバーリング能力に着目したものだったでしょう。
稲本は対人の守備に優れていたものの、
危機察知能力や集団守備の面では阿部に分があったと思います。
憲剛は守備的な選手ではないので、
阿部とは全く違うアンカーになるでしょう。

あのチームはとにかく守備重視だったので、
そこに憲剛はなかったと思います。

今の代表なら、長谷部をおいて他はないでしょうね。

質問した人からのコメント

2017/11/8 00:09:03

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mix********さん

2017/11/617:51:51

(1) いわゆる偽9番と呼ばれる生粋のストライカーじゃない役割ですね。ディフェンス時は基本頂点にいますが、オフェンス時は自由に動きながらボールを引き出し、大久保や松井らと入れ替わりながらプレーすることも割と多い。ボールを納める役割やディフェンス時の位置は一緒ですが大迫とは役割は多少ちがいます。大迫の場合、前方に向かうプレッシングで貢献していますが、南ア時の本田は特徴も考慮されて一定のディフェンス時の休みが容認されていたように思います。

(2) 大久保・松井はディフェンス時はしっかり引いた位置取りをし、カウンターアタックを仕掛けるタスクを求められていたので、中村俊輔や香川の走りの部分でのフィジカルでは抜擢される可能性は少なかったでしょう。オランダ戦では途中からウイングで出てたと思いますが、ビハインドなどの点を取るオプションとしてという感じですね。対極にゴール前に入る岡崎などを使うのが多い。

現在でいうと原口や乾等になりますが、ハリルジャパンのようによりシステマチックではなく、オフェンス時の大久保・松井・本田は、フリースタイルに位置取りを変えてスペースメイクしたりコンビネーションを作ります。

(3) 中村ケンゴを使う場合は、2通りの求め方があるでしょう。1つは自分たちがボールを持ってコントロールする試合にする。もう1つはディフェンスの時間をベースに考え、鋭いカウンターを狙う。ケンゴが活きる場合は、鋭い前方へのスルーパスを狙える、左右に振りながら相手をコントロールできる。しかし、フィジカルの点が弱みで、そばにより動いて補完してくれるMFを置き、ケンゴをフリーにしたり、ディフェンス負担を減らす必要がある。

稲本のアンカーは、南ア前のテストマッチでも2試合ぐらい試されていたはずです。しかし阿部とは若干毛色の違うスタイルに仕上がるでしょう。阿部の場合は360度の空いたスペースの補完に強みがある。稲本の場合はフィジカルコンタクトに長け、前線とのプレッシングと連動した予測から、抜けてくるボールのインターセプトに長けている。本田を9番の位置で守備させている分、カバーリングで補完してくれる阿部のほうが適役だったと言えるでしょう。

長谷部はフランクフルトでもまさに阿部勇樹のようなマルチロールな黒子となっているので適役といえるでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる