ここから本文です

人間万事塞翁が馬と、禍福は糾える縄の如しは、ほぼ同じ意味ですか?

sou********さん

2017/11/1210:42:50

人間万事塞翁が馬と、禍福は糾える縄の如しは、ほぼ同じ意味ですか?

閲覧数:
1,145
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

oko********さん

2017/11/1213:31:44

禍福は糾える縄の如し:禍福は交替でやってくる。
塞翁が馬:禍福は日々変化し、予測できないものだ。
ちょっと、ニュアンスが異なりますが、
その2つのことわざを、2つともつなげて使った表現はあるようですね。

左衞門、今は嘆きても及ばぬ事、予に於いて聊か憾みなし。
禍福はあざなえる繩の如く、世は塞翁が馬、
平家の武士も數多きに、時頼こそは中々に嫉しき程の
仕合者(しあはせもの)ぞ
(高山樗牛『瀧口入道』)

「禍福は糾える縄の如し」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ros********さん

2017/11/1212:23:18

答えは、イエス。

同義です。

ing********さん

2017/11/1211:00:20

ニュアンスはほんの少し違いますが、意味としては
ほぼ同じだと解釈しても何ら問題ないかと思います

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる