ここから本文です

学校でトマトと大根とキャベツのそれぞれを育てるときの 窒素:リン:カリウムの配...

pm1610am0702さん

2017/11/1211:16:53

学校でトマトと大根とキャベツのそれぞれを育てるときの
窒素:リン:カリウムの配合比率と理由を調べるという課題が出ました
よく分からないので教えて欲しいです

閲覧数:
41
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

japanoreiさん

2017/11/1312:21:45

窒素・リン・カリの配合比率ってえより。先の回答にもありますように窒素の働き、リンの働き、カリの働きを教えようとしてるのでしょうね。

また、トマト・ダイコン・キャベツは野菜であるがそれが葉モノか実モノか根モノであるかの区別を教えようとしたのでしょう。

さらにはそれらの区別を知った上でそれぞれ主たる必要養分は何であるかも教えよう手としてるのでしょうね。


要するに配合比率よりもそれらを分かりやすくまとめればよろしいのではないかと思います。

あえて配合比率を記すのであれば、主たる養分パーセンテージを示せばよろしいかと思います。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2017/11/1218:58:23

先生が言いたかったのは、トマト→実を食べる 大根→根を食べる キャベツ→葉を食べる と、それぞれ利用する部分が違いますよね?
肥料成分もその利用する部分に応じて、必要な物がちがうぞ、という事を学んで欲しかったのだろうと思います。
人間で言えば、筋肉付けたいならタンパク質、太りたいなら炭水化物、みたいもんです。
なので、植物の利用する部分と肥料の関係を、続きは自分で調べて下さい。

プロフィール画像

カテゴリマスター

chinkitsuouさん

2017/11/1218:41:57

ここで教えを請うのは違反です。
「調べろ」との提題ですから、貴方が調べる事ですね。
netで山ほど資料があります。

sasayuri303さん

2017/11/1213:14:50

http://www.maff.go.jp/j/seisan/kankyo/hozen_type/h_sehi_kizyun/

白菊さんの回答で良いのだと思いますが、ちょっと別角度から。

お住まいの都道府県の施肥基準と言うものを調べることが出来ます。

何処であるのか解りませんので、すべて載っているかどうか解りませんが、一度覗いてみてはいかがかと思います。

siragiku9さん

2017/11/1212:34:53

・・・授業で教えていないことや教科書に載ってないことを課題に出す学校は異常です。
転学するか、教育委員会に訴えるか、普段からチャンと勉強してください!!


でも、「人に聞く」という図太さは好きなので、教えちゃいます。

例)
トマト(果菜)
N:P:K=6:9:7
花や実が付きやすいようにP(燐酸)が多め、N(窒素)は少なめ。

大根(根菜)
N:P:K=7:9:9
根が発達しやすいようにK(カリウム)が多め。

キャベツ(葉菜)
N:P:K=10:2:7
葉っぱが良く育ち結球するようにN(窒素)が多めで即効性。
花が付く(抽苔する)と品質が落ちるのでP(燐酸)は少なめ。


石灰(カルシウム)やマグネシウム、ホウ素などの微量要素の話は必要?
実際に農業として野菜を育てるなら、NPKだけじゃ足りないんだけどネ。

sanpo524さん

2017/11/1211:40:45

チッソは葉に、リン酸は実に、カリは根に利く、と言われてます。このことから考えてください。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。