ここから本文です

相続税の債務控除について質問です

アバター

ID非公開さん

2017/11/1715:54:34

相続税の債務控除について質問です

相続人、相続放棄、廃除、欠格いずれにも該当していない人が特定遺贈財産のみを取得していても、飲食店未払金を取得したら控除できますか?
包括受遺者になり、相続人と同等の権利を得るため債務控除を受けられるという解釈で合ってますか?

閲覧数:
64
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

xyz********さん

2017/11/2008:34:38

債務控除できるのは、①相続②包括遺贈③被相続人からの相続人に対する遺贈、により財産を取得した者に限ります。質問は①②③のいずれにも該当しませんね。従って、相続人でない者が特定遺贈で財産を取得しても債務控除できないでしょう。

相続税法
(債務控除)
第一三条 相続又は遺贈(包括遺贈及び被相続人からの相続人に対する遺贈に限る。以下この条において同じ。)により財産を取得した者が第一条の三第一項第一号又は第二号の規定に該当する者である場合においては、当該相続又は遺贈により取得した財産については、課税価格に算入すべき価額は、当該財産の価額から次に掲げるものの金額のうちその者の負担に属する部分の金額を控除した金額による。
一 被相続人の債務で相続開始の際現に存するもの(公租公課を含む。)
二 被相続人に係る葬式費用

アバター

質問した人からのコメント

2017/11/20 08:39:02

ありがとうございます
とてもわかり易かったです!!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる