ここから本文です

幼児期の反対咬合について 3歳検診で反対咬合を指摘されました。ただ、歯軋りで...

アバター

ID非公開さん

2017/11/1718:07:44

幼児期の反対咬合について

3歳検診で反対咬合を指摘されました。ただ、歯軋りで下の歯が削られた事によって、上の歯が前に出る様になったので、これから上顎が成長すれば治るのではないか?

と言われています。

かなり滑舌が悪く、発達障害を心配して、言葉の教室に行ったりしていたのですが、
歯科医の先生がおっしゃるには、反対咬合も、言葉の発達に影響する。との事。

同じ様に、反対咬合で言葉の発達が遅かったけれど、咬合を治して言葉がすらすらと出てくる様になったお子様いらっしゃいますか?

閲覧数:
257
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ain********さん

2017/11/1800:37:00

反対咬合は発語にはかなり影響を及ぼします
発語や発音は噛み合わせ以外にも 耳の聞こえや理解能力もありますけどね

上顎が発育して前に成長すれば…
元々の骨格や噛み合わせの状況にもよりますからね
簡単に経過観察出来ないことです
反対になるには反対になる骨格などの理由があったわけで様子をみるかどうかを知るには小児の反対咬合の治療を診られる歯科医に1度相談することだと思います

3歳検診でみる歯科医は一般歯科で小児も診てますよ~程度のドクターか多いです 要するに小児矯正に無知なドクターもいるということです
もっと早く治療をスタートすれば良かったのに…という子も正直たくさんいます
骨格が反対の場合はなるべく早く 出来るなら3歳位で治療を始めると良い方向に行くことが多いですよ
反対咬合は早めにが鉄則です

噛み合わせも大切ですがあとは聞こえですね
3歳過ぎまで言葉が不明瞭だった子が補聴器を着けたとたん一気に話し始めた子もいます
全く聞こえなかった訳ではなくて聞き取りにくかったとのこと
そちらの心配がないようならば
まずは小児矯正歯科に相談を。

アバター

質問した人からのコメント

2017/11/23 11:15:49

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

coo********さん

2017/11/2110:12:35

>これから上顎が成長すれば治るのではないか? と言われています。

下顎だって相応に成長しますが。


>反対咬合で言葉の発達が遅かったけれど、咬合を治して言葉がすらすらと出てくる様になったお子様いらっしゃいますか?

いたら何だ、というのでしょうか?

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる