ここから本文です

太陽生命保険の 働けなくなったときの保険 という保障はいいですか?

アバター

ID非公開さん

2017/11/1800:05:42

太陽生命保険の 働けなくなったときの保険 という保障はいいですか?

閲覧数:
339
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

mudajanさん

2017/11/2202:28:29

この種類の保険は単独、単品加入ができる保険会社のほうがいいです。
★支払いの条件はよくよく各社確認比較されるといいです。
怪我でも病気、障害等級2級
★最終的な考え方としては長期にわたる、障害年金の上乗せ的内容で。
60日(免責期間が180日等長いのは保険料が安い)就労不能理由の条件が広く、該当になれば仕事に復帰していても半年分無条件でもらえ、引き続き就労不能に該当では一定契約年齢60や65までずっともらえるというものが良いです。
会社員では傷病手当金一年半が終わっても受け取れるもの。
日本生命は精神疾患の支払いあり、また一生支払いに該当しても払い込みは免除にならないが毎月もらう額の3~4%くらいが保険料だとおもいます。入院や在宅医療の他の要件の支払い査定等級が2級なのは、身体障碍保険3級支払いという単品商品もあるからではないでしょうか。

最低の月5万で保険料20代1500円前後、50代2000円前後。値上がりなし。
該当したら30万受け取り、仕事に復帰。
もしも、その後も「支払い事由の状況」では年間60万ではありますが10年で600万20年で1200万と実に少ないながらも助かる感じです。

国保自営業の方は
上記の他に下記もあわせてごく少額でよいのであれば安心かと思います。
上記は介護医療保険料控除対象。下記は対象のものとそうでないものがあります。

★上記免責期間をもっと少なくし、その月からすぐに支払いがあるが
「免責期間は任意設定、半年分や一年の受取となる」もらって打ち切りとなるものは「所得補償保険」といいます。損保会社なら普通に扱っているので。
※これの長期のものもあります。

免責2か月については
二か月程度の就業不能状態であれば預貯金で切り抜けられる、というのが就業不能保険の内容かと思います。
二か月も収入がなくなるのがまずい人(自営業、日当の方)は所得補償保険も検討。

これらの期間のために預貯金準備があるなら保険は必要はありません。
加入には健康状態の告知が必要です。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/11/2208:34:18

    60日(免責期間が180日等長いのは保険料が安い)就労不能理由の条件が広く、該当になれば仕事に復帰していても半年分無条件でもらえ、引き続き就労不能に該当では一定契約年齢60や65までずっともらえるというものが良いです。
    …との、ご回答ですが、半年分無条件で支払われるのはどこの会社ですか?太陽生命の保険は、たとえ社会復帰しても、一度該当すると指定した年齢まで支払われるようです。半年分って、なぜ半年分なのでしょうかね^^;

  • その他の返信(3件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2017/11/23 07:51:27

ご丁寧に、詳しく、分かり易く教えていただき、ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

aopict_0607さん

2017/11/2201:00:54

就労不能保障は、各社様々な給付要件があります。

太陽は認知症保険など、かなり踏み込んだ保障をだしてますよね。あまりメジャーどころではないので知らない方も多いのですが、国内生保の中でも、商品開発力があって先駆けなものを出すのが、太陽と富国だったりします。

ただ先駆けなので、他社開発の後発商品に、魅力的なものが出てしまうのは仕方が無いかもしれませんが。

国内であれば住友は、かなり早い段階から給付がおります。免責期間が短いので、他社のような180日免責ではありません。30日免責なので、アフラックより給付が早い。しかも介護等級だけで無く、障害年金2級からの給付。さらに就労不能時年金は、給付を受けた後に社会復帰したとしても指定年齢まで出続けます。

後発であっても、散々な商品もあります。
日生が就労不能保障を出しましたが、払込免除特約を付けられないという、かなりがっかりな特約商品です。免責期間もちょい長いなど、残念ながらあまり良いとこがありません。

アフラックは検討の余地無し。
かなりのクズ保障です。
完全寝たきりにならないと給付が受けられないとか、ホント有り得ないから。

外資さんだとプルデンシャルかなぁ。
給付要件は住友とほぼ同じですが、厚生年金加入者は、住友よりも早い障害年金3級からの給付。100%の年金額支給ではありませんが、3級からでも払込免除が使え、精神疾患の保障も付いてます。精神疾患の場合は、障害年金1級に該当すればなので、ここは住友よりも基準厳しめ。住友は2級からです。
ただこれも善し悪しなのですが、住友は精神疾患では払込免除を使えないのに対し、プルデンシャルは利用可能なのです。ほかには残念なことに、免責期間が最長で540日なんですよね…これがネック。

ようは、各社一長一短です。
どこまで許せて、それを踏み越えてまで加入がしたいか?ですよ。

あちこち見てみてくださいね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2017/11/2200:20:00

私は1番がスミセイだと思っております、他社は2ヶ月からや180日所定の状態が経過での支払いですが、スミセイは所定の状態で30日からの支払いがありますし、日経商品優秀サービス賞の受賞もしてます。現代にあった商品だと、、。

商品名は1UPです^ ^

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。