ここから本文です

消費料金に関する訴最終通告のハガキが届きました。 電話番号は03-6700-0433 と...

アバター

ID非公開さん

2017/11/2012:50:16

消費料金に関する訴最終通告のハガキが届きました。

電話番号は03-6700-0433 と記載があります。

身の覚えのない用件なので、無視したらよいでしょうか?

訴最終通告,用件,ハガキ,裁判所,欠席裁判,消費料金,法務省

閲覧数:
900
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

大野俊夫さん

2017/11/2017:51:26

なんだそりゃ・・・。

国民訴訟告知管理センターって・・・・爆笑!
それもなんでそんなこと法務省がやるんだ、あほとしか言いようがない・・・。

これについては、あほレベルの詐欺ですからほっといていいです。
法務省は、全体管理ですよ。
実戦部隊は裁判所です。
通知も裁判所が行います。
法務省がこんなことしません。
たとえ外局であっても。

訴えを起こされた場合、まずは裁判所から特別送達という方法で書類が届きます。
そして、郵便職員が『郵便送達報告書』に受取人の署名または押印をもらいます。
はがきが投げ込まれることはないです。
それを受け取って、裁判所へ出廷します。
実際に裁判所へ出向くことになります。
その際に、どちらかが裁判所へ出廷しなければいわゆる欠席裁判になります。

連絡云々はないです。
実際に裁判所に行くことです。
そこで示談なら示談、裁判なら裁判になります。

そもそも覚えがなければ出廷すればいいのです。
見おぼえないけど、裁判所から正式通知が来たら。
欠席裁判狙いもありえます。
堂々と出廷しましょう。
その場合、相手は来ません。
裁判となれば、相手が契約実態を証明しないといけません。
詐欺目当てなら、偽造してまで行うにはあまりにもコスパが悪いです。
また、例えばあなたが不服で、通常裁判へ切り替えたらさらに続きます。
詐欺屋にしたらそんなのに付き合うくらいなら、他のバカ探してだましたほうが楽です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mok********さん

2017/11/2012:55:06

法務省管轄支局 国民訴訟通達センター
東京都千代田区霞が関3丁目1番7号
取り下げ等のお問い合せ窓口

詐欺ですね。

完全無視で問題無いかと思います。

基本、本人の氏名も記載すらしていないので笑えましたw

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる