ここから本文です

写真の状態で足首を少し上向きに曲げると、黒でかこんだ部分の筋肉?が痛みます。...

アバター

ID非公開さん

2017/11/2020:52:27

写真の状態で足首を少し上向きに曲げると、黒でかこんだ部分の筋肉?が痛みます。正座した状態から立つ時や、階段を降りたりすると痛みが出てきます。

これは筋肉痛でしょうか。
それとも医者に見せた方がいい怪我だったりするのでしょうか?

足首,脛骨筋,筋肉痛,状態,医者,階段,つま先

閲覧数:
88
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

小黒健二さんの画像

専門家

yc_fhviqさん

2017/11/2111:03:01

足首を少し上向きに曲げる時、正座した状態から立つ時、階段を降りたりする時に脛の筋肉に痛みがでるのですね。
上記の事から推察すると、脛の筋肉を使って足のつま先を反るような動きを伴った時に痛みが生じるようです。

足のつま先を上に反る動作を背屈と言いますが、その背屈を担う主たる筋肉は前脛骨筋です。
前脛骨筋は足の脛から内くるぶしの前を通って足裏の土踏まずを構成している骨に結合しています。
ですから、前脛骨筋が作用すると足裏が体の中心を向き(内反)、足先を上に持ち上げる(背屈)動作が出来るのです。

このような痛みは、運動不足や逆にランナーに多いシンスプリントなどと同じオーバーワークで、前脛骨筋などの筋肉の柔軟性が失われ、脛の骨膜(骨を覆っている膜)を引っ張り続ける状態が続いたことによる骨膜の炎症が原因と考えられます。

対処としては脛の筋肉の柔軟性を取り戻すストレッチ(https://www.youtube.com/watch?v=s1RjtMMhB_4)を続けてみて下さい。

また、扁平足気味の方や外反母趾気味の方などに多く見られる足首が体の中心に向かって倒れ易くなる「足首の回内」を伴うと、同じようなメカニズムで脛の痛みに繋がる事がありますので、その場合は、足指の先から靴先の間に1cm程の「余裕寸」が確保できる適正サイズの靴先が細くないウォーキングシューズを選択して、つま先の方から靴紐をしっかり締めて靴の中で足指の動きを促進する「余裕寸」が維持されるようにして履き、足裏のアーチ構造をサポートする市販のインソール(http://sidas.shop-pro.jp/?pid=42241333)を靴の中に入れて足をサポートして、足本来の機能が促進、改善されると共に足首の回内を防ぐ運動効果が発揮されるようにすると良いかと思います。

ご参考になれば幸いです。

アバター

質問した人からのコメント

2017/11/21 17:09:16

ご丁寧にありがとうございます!
参考になりました!

回答した専門家

小黒健二さんの画像

小黒健二

シューフィッター

足の健康を守る“足と靴のアドバイザー”

1996年より、ドイツ整形外科靴マイスターのカールハインツ・ショット氏に師事して整形外科靴技術を学ぶ。 2000年4月、神奈川県横浜市緑区長津田の横浜線及び東急田園都市線長津田駅北口徒歩1分の場所に「足と靴の相談室ロビンフット」を開設。 「NPO靴...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2017/11/2020:57:14

前脛骨筋だと思います。
何かスポーツなどをしたのなら筋肉痛でしょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。