ここから本文です

法定地上権 が分かりません。 法定地上権についての質問です。

akd********さん

2017/11/2410:16:19

法定地上権 が分かりません。

法定地上権についての質問です。

A所有の土地(最初から家屋あり)に抵当権を設定し、Bが1000万を貸したがAは1000万を一銭も返さなかった場合は土地はBのものとなりますが、法定地上権があるのでAは居住出来ます。ここまでは分かります。

では、Aがさらに「地代をも一銭も払わない」という暴挙に出た場合は、Bは最悪30年の法定地上権消滅まで待ってから取り壊しなどをして手に入れないといけないのでしょうか。
また、そもそも、法定地上権が消滅したからといって即座に家屋取り壊しが認められるのでしょうか。

場合によっては、Bは数十年単位で莫大な費用を払って裁判をしながら、家屋所有者の居なくなったボロ屋を(これまた莫大な費用をかけて)取り壊し、二足三文にもならない土地を取得するという悲劇になるのでしょうか。

もう一点、法定地上権は、基礎工事もされてないような犬小屋にも付与されてしまうのでしょうか。

閲覧数:
54
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

2017/11/2410:44:06

まず、一括競売については、①抵当権設定時に建物のないこと、②抵当権設定後に建物が建てられたこと、の2つの要件が必要となります(民法389条)。ですから「最初から家屋あり」と断っている本件では適用がありません。


>では、Aがさらに「地代をも一銭も払わない」という暴挙に出た場合は、Bは最悪30年の法定地上権消滅まで待ってから取り壊しなどをして手に入れないといけないのでしょうか。

→ AはBの債務不履行を理由として「履行遅滞等による解除権」(541条)を行使し、建物収去土地明渡を請求することになります。もちろん信頼関係を破壊したと認めるに足りない特段の事情は必要ですが、長期の滞納の場合にはそのような特段の事由は認められないでしょう。

この建物収去土地明渡請求に対し、Bは建物買取請求権(借地借家法13条1項)にて建物の買取を請求するでしょう。

そして、建物を買い取ることを引換としてAは追い出されます。


>もう一点、法定地上権は、基礎工事もされてないような犬小屋にも付与されてしまうのでしょうか。

民法では不動産とは、「屋根、壁」があり「土地に定着」し人の使用に耐えるものとされています。基礎工事は要件とされていませんから、一定の大きさがあれば見とめられる場合もあるでしょうね。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

chi********さん

2017/11/2411:08:37

君が理解する必要はない。法律とは無縁の道に進めばいいだけだ。

bak********さん

2017/11/2410:22:58

ちょっと考え方が違うな。

Bは抵当権を実行し、土地と建物をセットで競売にかけます。
しかし、Bが優先的に債権を回収できるのは土地代金だけ。
建物代金は一般債権者と同様に配当を受け取る。

Aは土地も建物も失う。

但し、債務を弁済し、残った金があれば受け取れます。

それが法定地上権です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる