ここから本文です

直列つなぎや並列つなぎで2つの豆電球をつないだとき、(同じ豆電球を使用しても)...

mih********さん

2017/11/2522:16:15

直列つなぎや並列つなぎで2つの豆電球をつないだとき、(同じ豆電球を使用しても)二つの豆電球の明るさに違いがでるのはなぜですか。わかりやすく、詳しい解説を頂きたいです。お願いします。

補足わかりにくくてすみません。
直列つなぎ、並列つなぎのそれぞれの時に生じる2つの豆電球の明るさの差について知りたいです。
直列つなぎと並列つなぎの明るさの差ではありません。

閲覧数:
564
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ekd********さん

2017/11/2523:21:38

豆電球にかかる電圧がきまると、豆電球の明るさ(=電流)が決まります。
豆電球を2つ直列に乾電池につなぐと、豆電球1つあたりの電圧は、乾電池の半分の電圧になり、暗くなります。
並列につないだ場合は、どちらの豆電球にも、乾電池と同じ電圧がかかるので、明るくなります。

  • ekd********さん

    2017/11/2523:38:17

    豆電球を直列つなぎしたときは、2つの豆電球は同じ明るさになります(2つに流れる電流は必ず同じためです。電圧は、違う特性の豆電球を使えば、異なってきます)。
    豆電球を並列つなぎしたときは、2つの豆電球は同じ明るさになります(2つにかかる電圧は必ず同じためです。電流は、違う特性の豆電球を使えば、異なってきます)。
    もし明るさが異なっていれば、特性が異なる2つの豆電球を使っていたことになります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kee********さん

2017/11/2601:18:21

同じ電球なら、二つとも同じ明るさになります。(直列の場合は同じように暗くなります。)
では、電球の抵抗値が違ったら・・・並列の場合はいずれも1個のときと同じ明るさを保ちます。
直列の場合、例として抵抗値がそれぞれRと2R、電源の電圧がIRとしましょう。
1個のとき、Rの電球の明るさはI*IR=(I^2)R、2Rの電球は1/2I*IR=(1/2)(I^2)R。
2Rの方が明るさは半分です。
直列に繋ぐと抵抗は3Rになるので、電流は(1/3)I。
Rの電球の明るさは、(1/3)I*(1/3)IR=(1/9)(I^2)R。
2Rの電球は(1/3)I*(1/3)I*2R=(2/9)(I^2)R。
どちらも1個のときよりは暗くなるのですが、差が逆転しました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる