ここから本文です

卓球でのサーブについて。

chi********さん

2017/11/2923:04:38

卓球でのサーブについて。

自分は今、サーブの組み立てについて悩んでいます
巻き込みサーブ。
スイングはあまり大きくせずに、下横、上横、ロングサーブを使い分けます。最後にラケットを下に下ろします。
下回転サーブ。
特に何の動きも加えず、小さな振りで、下とナックルを分けて出します。
このサーブを使う時は回しこんで三球目を狙うようにしています。
ハイトスサーブ。
大島祐哉選手を意識したもので、ボールの上げ方、モーションなどを何度もみて真似しています。当たる瞬間に面を巻き込みの形にしたり、ロングサーブを出したりと色々しています。
自分のサーブはこんな感じで、大体一番上の巻き込みサーブを多用しています。
皆さんには、どういった場面でどういったサーブを出すなどのサーブの組み立て方について教えてもらいたいです。
自分の卓球のレベルを上げるためにも、サーブをもっと強化したいです!

閲覧数:
183
回答数:
5
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pir********さん

2017/11/3015:41:42

●手首・肘・肩・体軸回転・膝の前後動これを最大限に打点に重ねて使うと2×2×2×2×2の32倍回転量差、スイングはそれぞれ関節10㎝動作でもいいくらい。終点形確定で小さく速くびしゅっと、ラケットヘッドが30から50センチ動くぐらいが良いかも(胸からの感覚)→体軸回転や前後動を重ねるともっと動いているかも。
●相手さわるだけだと球回転力で4m位とびカットなどで切り返すと入るかも、だが下回転はオーバーミスほど長く帰ってくるのでスマッシュかドライブ、あるいはコースへ鋭い振りで(さもないと自分の回転でミスるかも)。
★組み立てとしては初球超激切れでだれでもネットにかけさせ、うっ切れてる!と思わせた後、
★次は後ろエッジに当てる超速スイング激振りナックル(箸で切る練習をすると端で切れるが全く切れてない)でぽこっと浮けばスマッシュ(最後にとっておいてまた出すと相手はまだ迷う・中切れがあり得る)、
★次の2本はまた激切れ、ネットミスか長く帰ってくるのでバックかフォアのドライブでコースへ狙い打ち(あいてのクロスコース返しは台上スイング視野)、
★相手が同じコースの回転量に集中しだした途端同じフォームから逆コース(クロスが長いのでお勧め)高速ドライブロングサービス、相手がかろうじてとってくるのを相手態勢と逆へスマッシュ。
★次の二本最初はバックサイドへ高速ロング、返球を低目球狙いのスマッシュかプッシュでコースへ、
★次クロスへ2バウンド出るか出ないかへ激切れでドライブミスを誘う。
●相手の次対応を予測、何かに集中させておいては第3の難しい球をだす。
★横下フォームから横下、
★横下フォームからかぶせて横下、
★横下フォームからかぶせて横上、
★横上フォームから横下へのフォームで横上を逆コースへ、
★横上から横下で横上を詰まるコースへ、次カウンタープッシュ狙い、
★横上から横下フォームで横上を、ラリー狙い、
★横上から横下でやっと横下、3球目集中、台上高さの前後振り上向き面からの拾うドライブが良いかも、
★また横下から横上フォームで横下、多分さっきを忘れている。
★…しばしの後、
★最後は思い切り振って後ろエッジに当てるナックル上風味、何処へ帰ってくるかに慣れておく。
●2バウンド出るか出ないかも研究。など

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

nazumachobiさん

2017/11/3011:59:48

サービスは、自分のやりたい攻撃から逆算して、バリエーションを増やしていきます。

試合の時のサービス選択、構成は、相手があってのことなので、その都度違って当然。
ですので、自分の一番得意な攻撃につながりそうなモノを第一に、相手のニガテを掴めればソレを第二に、エースを取れそうなサービスは「とっておき」に、という序列で探りを入れていきます。

最近では、シェイク相手には、コースはフォア前にツラ張りで各種回転を散りばめて、得手不得手を探っていく展開が多いです。

n20********さん

2017/11/3007:34:24

基本、下回転をずっと使ってます相手に効かなくなったり慣れられてしまったなと思ったらかえます。
あとは余程負けてない限り、サーブはかえません。

ten********さん

2017/11/2923:38:43

コースと長さの全く違うサーブをちょこちょこ挟む。
例えば巻き込みの下回転をフォア前に出し続けたなら、長めのサーブが効くでしょう。特にフォアにロング。相手はフォア前にのみ集中していますから必ず詰まるはず。
とまあこんな感じでモーションでの翻弄のみならず、コースと長さでもまた随分変わってきます。寧ろ回転はその次と言ってもいいでしょう。

フィーリングだね。
その場の空気というか。

あー、この人、ロングを待ってるね・・・。
よっしゃ、ロング、イクヨ!
でも、下回転を仕込んでおくね!笑
みたいな。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる