ここから本文です

寒菊やすでに我らは夜にまぎれ。どういう意味ですか。 中村汀女の句です。 カ...

rit********さん

2017/11/3022:17:42

寒菊やすでに我らは夜にまぎれ。どういう意味ですか。

中村汀女の句です。
カレンダーに月ごとの俳句が書いていまして。
11月が、柿食えばカネが鳴るなり法隆寺。

12月が、寒菊やすでに我らは夜にまぎれ。です。

閲覧数:
122
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yuh********さん

2017/11/3022:31:02

句集『花影』の中の作品ではありませんでしたかね。中村汀女の句はあまり曲折したものでは無く、文字通り『ホトトギス』派の自然を愛した人だったんではないかと思います。

冬になって日の落ちるのは早く、見ているヒトの位置はもうすっかり暗闇に包まれているが、真っ白な寒菊の花だけは輝きを放っているよ。

といったことでしょうね。

  • 質問者

    rit********さん

    2017/11/3022:36:47

    ありがとうございます。
    そのまんまなのですか。
    なにかの比喩だったりはしないのですね。
    裏があったりはせずに、それはそれはでよいのですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

arashi_2017さん

2017/12/519:55:21

色々の読み取り方を許すのが名句というものです
そのまんまではないのです
なにかの比喩だったりはするのです
裏があったりはして、それはそれでよくないのです

残照に白く輝いている寒菊を眺める
貴方と私は宵闇にもうスッポリと呑み込まれた
秘めやかに私たちの心は燃え始めているよ

客観写生・花鳥諷詠を突き抜けた句と取ります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる