ここから本文です

借地借家法 定期建物賃貸借について質問です。

hzq482さん

2017/12/307:14:20

借地借家法 定期建物賃貸借について質問です。

①定期建物賃貸借契約を締結した場合に、中途解約を認めない特約を条項に入れることは有効ですが、かかる条項を入れた場合でも、床面積200㎡未満の建物賃貸借の場合に、賃借人からやむを得ない事情のもと解約申し入れをする(借地借家法38条4項)ことは可能ですよね?

②「床面積」(借地借家法38条4項)とは、延べ面積のことですか?それとも、建物の建築面積のことですか?

よろしくお願いいたします。

閲覧数:
11
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

tsanogsさん

2017/12/318:23:25

総合的な不動産会社に勤めています。

まず、定期借家契約は期間が定められているので途中解約の条文がなければ途中解約ができないのが「原則」です。

なのでわざわざ、途中解約はできないという条文は必要ありません。

また、「原則」外ということで200㎡以下、住居、やむを得ない理由の3点により1ヶ月前通告で解約できます。

この「原則」外の解約までできないという借主に不利な条文は無効です。

床面積というのは建物ではなく契約している住戸の総床面積です。
契約書、又は重要事項説明書を見ればわかりますね。
広い戸建ではない限り超えないでしょう。

質問した人からのコメント

2017/12/8 08:03:26

ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2017/12/307:15:34

勉強しなさい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。