ここから本文です

囲碁と将棋を比べた時、囲碁の方が 上品と言われて いますが、どういう ところが ...

igo********さん

2017/12/418:03:41

囲碁と将棋を比べた時、囲碁の方が 上品と言われて いますが、どういう ところが 上品ですか?又 囲碁の方が 優れている と いいますが どこが 優れて いますか?具体的に 教えて ください。

閲覧数:
236
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yoz********さん

編集あり2017/12/614:57:33

昔、「選択」という雑誌に、囲碁と将棋の違いという記事がありました。詳しくは覚えていないのですが、囲碁は緩やかで、将棋は激しい、囲碁は長距離走で、将棋は短距離走です。将棋はどんなに勝っていても、最後に一手間違えただけでひっくり返るとかは、よくあることです。囲碁は女性に人気があり、将棋をやるのは男性が断然多いです。昔、NHKの朝ドラ「二人っ子」で、双子のうち一人の女の子が将棋のプロを目指す話が人気となり、将棋ではなく、囲碁をやる人が増えたらしいです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

yas********さん

2017/12/421:17:23

具体性はありません。

野球とサッカーを比べるぐらい滅茶苦茶な事です。

根拠っぽいものは
・囲碁は模様などがあり美しいから上品
・囲碁は貴族の嗜みであった
・碁石ははまぐりでできている
上品さに関してはこのようなものでしょうか。
将棋の方が戦闘・職人芸・武士の嗜みである印象があるため比べると野蛮なイメージがありますが煙詰めのような芸術作品を見るとイメージが変わります。

優劣については比較しようがありませんが、良く使われる言葉に反論しておきます
・囲碁は部分のミスが勝敗に繋がらないから良い
これは大局観がないだけです。下手だからそう見えています。
有段者クラスならばこの言葉は出ないはずです。

・囲碁は勝敗だけでなく何目差がわかるから力量がわかりやすい
ヨセまできちんと読んでいれば「100%負ける半目差」もあるわけで、それを覆すために途中で仕掛けなければならない。
それが「分かって半目で勝った」「分からずに半目で負けた」人の力量は大きく違いますよね?
これも下手糞の言い分です。

・囲碁の普及率は世界的にみれば上
そりゃ漢字覚えなくていいなら世界的に普及するでしょうよ・・・
また、チェスやチャドランガなど自国に将棋に似たゲームがある国が多く、将棋はなかなか普及しません。

・ルールが難解である(特に初心者が囲碁をできるまで時間がかかる)
これに関してはいくつかの棋書を読ませて貰いましたが、囲碁の方が圧倒的に説明不足です。
「3線の2間開きは根拠が合って潰れない」とかで説明を済ませてしまっている初心者向けの本がほとんどです。
その後の変化は莫大でもきちんと説明しないと初心者はこの根拠がある形を簡単に潰されてしまいます。

また、詰碁に関してもどこで終わりなのか曖昧な点が気になりますね。
詰碁は生きなのか死になのかすら提示されず、死にの場合ちゃんと石を取るところの2手前が詰みとしなければわけが分からないでしょう。

全体的に囲碁は初心者への普及に手を抜いているように思えます。

あくまで因縁をつけてくる相手への反論でして、私の見解では比較の仕様がないものと思っております。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる