ここから本文です

ガンダムUC終わった後袖付きはどうなったのでしょうか?

クーゲルシュライバーさん

2017/12/903:37:33

ガンダムUC終わった後袖付きはどうなったのでしょうか?

閲覧数:
299
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/12/1311:24:14

先に回答してくださった方々とほぼ同じ返答ですが、ネオ・ジオング開発の結果、『機動戦士ガンダムF91』に登場したバグすら造れない程の資金不足に陥り、主力は壊滅、残存メンバーも逃走・組織解体は自然な流れです(なお、ネオ・ジオングの設定があまりに異常すぎるので、『機動戦士ガンダムF91』以降の話との整合性をとるのが極めて困難になるので、個人的には『劇場版 機動戦士Zガンダム』を正史にし、『機動戦士ガンダムUC』をなかったことにしたくなりますが)。

ニュータイプになれたミネバを丁寧に扱う反面、障害者であるマリーダ達プル姉妹を執拗に人殺しの道具にする、『機動戦士ガンダム サンダーボルト』や『機動戦士ガンダムZZ』でも描写された、勝つためには手段を選ばずシロー・アマダやシーマ、ジンネマンやプル姉妹のように悲惨な境遇の人々まで生んでしまったジオンの負の部分である陰湿な体制と格差社会が変化しなかったから『袖付き』壊滅は必然だったのかもしれません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kur********さん

2017/12/1116:08:19

ジオン本流(といってもクローンですが)のフル・フロンタルは死亡。
ザビ家の血筋を持つ姫御子ミネバも事実上、連邦に投降。
ジオニズムの精神的支柱である二人がいなくなったことから、袖付もその存在意義を失い雲散霧消しました。

ジオン共和国の自治権もUC100年をもって終了し、地球連邦政府に組み込まれることから、反地球連邦活動も厳しいものになるでしょう。
その後、F90、F91までの約20年は概ね平和であったことから、大規模な反地球連邦活動は行われていないと思われます。(つまり袖付きの活動もほとんど無かった?)

しかしながら、いつの世にも政府に対抗する勢力というものは存在しましたので、袖付き残党が小規模ながら事を起こした(起こす)可能性は捨てきれません。
それはまた、後の物語ということでハゲが考えると思います。

har********さん

2017/12/904:51:41

既に作品内でフロンタルは死亡、主力はネェルアーガマによって壊滅されました。

作品終了後、残存勢力は連邦によって解体でしょうね。

今までは軍の予算確保の口実としてお目こぼしされてきましたが、ラプラスの箱を巡る騒動で正面切って敵対行動を起こした以上、それもなくなるでしょうから。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる