ここから本文です

ロマチェンコ対リゴンドーの感想をお願いします。

アバター

ID非公開さん

2017/12/1014:48:03

ロマチェンコ対リゴンドーの感想をお願いします。

閲覧数:
1,899
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kan********さん

2017/12/1513:03:54

ロマチェンコのペチペチパンチが厄介ですね。リゴンドーもそんなにクリーンヒットもらってないしがんばってほしかったがファイトマネーの為だけなのかな。ロマチェンコはアマチュアぽいボクシングでおもしろみにかける

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「ロマチェンコ」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tva********さん

2017/12/1503:22:30

ロマチェンコのスピードと踏み込みの速さにリゴンドーはなす術もなかった。身長では約6cm程の差はあるが、逆にリーチではリゴンドーの方が6cm程長いが、アッという間に詰められダッキングとクリンチで凌ぐ状態が続いた。観ている方も面白くないが、一番驚いたのはリゴンドー自信だろう。
改めてロマチェンコの凄さが解る試合でした。

iul********さん

編集あり2017/12/1322:49:19

ロマチェンコはボクシング界の逸材ではありますが二階級下から上げてきたリゴンドーに勝っただけで過大評価されすぎだと思います。
勝てば官軍負ければ賊軍という言葉通り体格の差が全くないと仮定すればリゴンドーの方が上だと思いますし、仮にロマチェンコが二階級上げて今はもう引退したスーパーライト級時代のマイダナと戦ったらマイダナのダーティーテクニックに対応できないでしょう。

スーパーライト級でいきなりマイダナと戦ってもロマチェンコが勝つという人も多いかもしれませんが、二階級の差はかなり大きいですし、マイダナはあのメイウェザーをも苦しめたボクサーでロマチェンコに唯一黒星をつけたサリドとも共通点が多いです。しかもサリドよりはるかに身体も大きくフィジカルも強いです。

ニコラスウォータスもサリドの様に戦えばもっと善戦できたでしょう。

ロマチェンコ最強、リゴンドーより優れているというのは結果ありきの話ですしボクサーというのは勝った時いい部分しかフォーカスされませんからね。

今度ロマチェンコがいきなり二階級上げてリゴンドーではなくクロフォードにも圧勝して初めてパウンドフォーパウンドに近づくのではないでしょうか?

因みに余談ですが左近いきなり二階級上げてその階級のトップクラスに試合して敗退する試合例が多いです。

こればかりはビジネス的部分が関与しているので仕方ないかもしれませんが本来ボクサーというのは慎重に階級を上げ少しずつ新しい階級でも戦える自分を作っていかなくてはなりません。何も考えずにウェイトを急激に上げるのは自殺行為以外の何物でも有りません。

ボクサーが負けるか負けないかはマッチメイクに関わっていると言えるでしょう。

たとえあのメイウェザーだって一度に二階級や三階級あげてカールフロッチやアンドレウォードと戦えば勝てないでしょうから。

ウェイトというのはそれだけ大きいです。キャリアを左右する階級選定は熟慮をもってなされるべきだと思います。

itu********さん

2017/12/1211:50:10

やはり体格差が試合を大きく左右したのかな?

まるでボクシングWBO世界中量無差別級タイトルマッチを見ている気分でした。

ロマチェンコは言われる通りの桁外れなスピーディなボクシングではあったけど、やはりそれ以上に体格差を使ったスピード力にリゴンドーは回を追うごとに圧倒されて負けた感が強い。

今後はむしろロマチェンコが、今より上の階級の選手へ挑戦したらどうなるのかが見てみたいものです。

fro********さん

2017/12/1016:22:12

リゴンドーが10cmのマス目をゆっくり動くとしたら、ロマチェンコは2cmのマス目を、高速で動く。だから、できる攻防の多さが、違いすぎ。

これでは、勝負にならない。

oto********さん

2017/12/1015:51:04

1ラウンド目は緊張して全身が痺れてブルブルしてました。こんな事は初めてです。この二人が戦ってる!現実の光景かよ!?という感覚でしたね。

しかし、1ラウンドの最後の方で僅かにロマのジャブがリゴをかすめたように見え、1ミリくらいロマが有利か?と感じました。

2ラウンド以降もずっとドキドキしてみてましたが、ロマがリゴ相手にもかかわらず、相手のサイドにステップワークで回り込むのを何度も見るうちに、これはロマだな、という感じになりました。

流石のリゴも2階級上げの初戦で、かつ37歳で8歳下の相手と戦うのは無理がありました。しかし、その条件以上に差を感じました。ロマの化け物のようなスキルと才能を。

ロマ相手にするとどれだけ手数が多い選手でも手が出なくなりますね。序盤はまだしも、ラウンドが続くにつれ。リゴも例外ではなかったのが驚きです。

私はこの試合が決まった時に、リゴを称賛しました。2階級上げて無謀な挑戦を決断したリゴは素晴らしいです。これぞボクシングファンが何より観たい夢のカードでしたから。

それなのに残念というか、リゴの人気の出ない下手なところ、というか。。

まだまだやれる段階で途中棄権して、かつ開口一番「負けたのは2Rに拳を痛めたから」など言い訳をするという最悪のコンボをかましましたね笑
やっぱりリゴだわ、と思いました。。

この試合はたとえKOされてもいいから最後まで戦うべきでした。負けたら素直に「彼がチャンピオンだ」とでも言えば、いくらリゴを嫌ってるアメリカのボクシングファンでも、見直したはずです。そのチャンスだったのに。

とは言えとても楽しませてもらいました。ボクシングの生きる伝説である二人に感謝です!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる