ここから本文です

高校生です。私はもうすぐオーストラリアへ10ヶ月留学します。ネットで調べてみた...

アバター

ID非公開さん

2017/12/1021:03:13

高校生です。私はもうすぐオーストラリアへ10ヶ月留学します。ネットで調べてみたところオーストラリアの食事は肉やお菓子、糖分が多い食べ物などを多く摂取するので太ってしまう可能性が高いらしいです。

10ヶ月間、ホストファミリーにお世話になります。毎日夜ご飯などを出していただき有難いのですが、あまり食べすぎると太ってしまいます。私は絶対に太りたくありません。
そのような場合はもうお腹がいっぱい、もうこれ以上食べれないなどと言って断っても大丈夫なのでしょうか?

また、向こうでのオススメのダイエット方法を教えていただけるとありがたいです。

閲覧数:
394
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

武井 優子の画像

専門家

2017/12/1301:17:01

ダイエットはやめて、しっかり食べてたっぷり運動すると良いです。糖分は頭脳に必要ですので、常識の範疇で摂取するのも重要です。ホームステイ先で閉じこもってばかりいると、食事を減らしても減らしても太るのです。

地元校に通学するなら、体育を選択するはずです。週に2回は運動する機会があれば、太って困ることはないでしょう。

留学開始時にダイエットと、深夜まで勉強をしてると、1ケ月ぐらいで精神的にしんどくなるで子が多いです。1ケ月ぐらいは健康的な肉体を海外で維持しようと試みると、後半に飛躍できます。太ってしまったら、後半にスポーツを増やしたり、デザートを減らす試みをしましょう。5ケ月あれば、それなりに痩せれますから。

オーストラリア人の知り合いに家族全員がぽっちゃりサンがいるんですけど。夕食後にどんぶり一杯分のアイスクリームを食べてますw。「あなたも食べるー?」とどんぶり風のボールを手にした時、器の大きさに驚いて「いらないわ!お腹いっぱい(笑顔)」と速攻で答えちゃいました。だって、そんな量、食べたことがないもの。(だから家族みんなで、その体型なのね!)とは言いませんでしたw。ごくたまーに、デザートの量がとっても多いご家庭があります。逆に、少食な人間としてアッサリとスルーしてもらえました。

オーストラリア人の方が体格が良い場合もあるので"太りたくない!"と言いづらい場合があるでしょう。「スカートやズボンのサイズが変わるほどは太りたくないの!買い換えなきゃいけないもん。困るーー」と言うと、体重に関わらず納得して頂ける言い方になります。

1番のダイエットは、活動的な高校留学をする事です。
ガッツリ食べて、しっかり動いて、生き生きした滞在にして下さいね。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

回答した専門家

武井 優子の画像

武井 優子

留学アドバイザー

お人好しの留学カウンセラー

Qualified Education Agent Counsellor No.H076(PIER認定 留学エージェント・カウンセラー No.H076) iSTARTonline(中高留学用アセスメントチェック) 認定試験官 <得意分野> タスマニア州公立学校(中1~高3) オーストラリア私立学校(ボーディングス...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bab********さん

2017/12/1107:08:50

"オーストラリア=太る"とは限りませんよ。

ホームステイもホスト次第で食事の内容が全然違います。私はバランス良く美味しい料理を適量で食べさせてくれる家庭でしたけど、友人宅は冷凍物ばかりだったり(だから量的には普通)、毎日バーベキューのような老夫婦の家庭だったりと色々です。クラスメイトは野菜しか食べさせてもらえない!と苦情を言っていました。

そう、食事にリクエストがあれば深く考えずに言って良いんですよ。アレルギーで無い限りは好き嫌いをするのはさすがにNGですけど、最初に伝えましょう。食事の量は最初の数回だけは、その家庭の食事量を知る為に言わなくて良いと思います。初回のディナーだけは奮発してくれるかもしれないですし。

でもホームステイだけでそんなに太ってしまった日本人に会った事が無いです。太ってしまった人はホームステイ以外の所で食べてしまったとか、それにプラスして全然運動をしていないとかです。

適量を食べて運動すれば大丈夫ですよ。

オーストラリアはスポーツ大国でもあるので、普通の公園にもテニスコートがあったりします。そうした所で体を動かすとか、その辺を散歩するだけでも全然違うと思います。

私や仲の良い留学生は学校や職場に歩いているパターンが多かったです。わざわざウォーキングなんて気負わなくても出来ますよね。それに景色も目新しいし、歩いていると気になるお店を見つけたりする楽しみもありますよね。プール付きの物件に住んでいる友達が見つかったら、プールで泳がせてもらうのも良いと思います。

ただ残念な事にホストがみんな優しくて良い人とは限りません。食事も最初から量が少なく肉も出ない…なんて可能性もあります。あまりにも食事が貧弱だと体を壊すので、酷い場合はきちんと言って下さいね。

日本人女性は太りたくないから…と自ら食事を減らして体を壊す人もいます。健康であって初めて充実した滞在が出来るって事は忘れないで下さいね。何事もバランス良く…と考えて下さい。

清涼飲料水等の不健康な物は勧められたらNOで良いですよ。悪いかな?なんて考えなくて良いです。曖昧にせずにキッパリ言う方が良いです。言葉の裏を読むなんてしない人達だし、陰や後から文句を言う方がずっと失礼なんですよ。リクエストや意見もどんどん言って英語も伸ばしていけば良いと思います。遠慮はするだけ損です。

nao********さん

2017/12/1023:09:44

はっきり断って大丈夫です。最初に自己紹介する際にファミリー側もアレルギーの有無など聞くと思いますが、その際に少食である事を伝えたら角も立たないし、量も配慮してもらえると思います。

とは言っても、マザーやファザーが面倒見がいいタイプだったり、料理に自信があるタイプだと、「遠慮しないで!食べ盛りなんだから!ほら、これあなたの分よ」と盛りつけてくるパターンがあります(私はやられた事があります、笑)
最初にあんまり断るのも失礼かな…と思って無理して食べたら、次回以降同じ量を盛られました。断っても、「どんどん食べていいのよ。日本人って遠慮しがちなんでしょう?」みたいな思いやりに溢れた回答でした泣。
後から言おう、もう少し親しくなってから言おう、と先延ばしにすると、すごく言いにくくなります。最初に言ってしまうのが一番かなと思いました。

あとダイエットのため、というと、日本人女性の平均はオーストラリアだとかなり細く見られるので、ファミリーによっては「十分痩せているよ!むしろ痩せすぎだから食べないとダメだよ」と逆効果になる可能性もあります。
ダイエットとは言わず、食が細い、元々少食で通した方が、余計な詮索が無いと思います。

ダイエットですが、私はジムとマラソン大会を目指して自己流でトレーニングして体を絞りました。
ジムは高校生とのことなので入会は難しいかもしれませんが、ビーチの近辺を歩くだけでもいい運動になります。
砂浜だとアスファルトを歩くより負荷も大きいので、同じ距離を普通に歩くより運動量も増えます。ビーチが多いオーストラリアなので、野外でのお散歩をオススメします。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる