ここから本文です

教えてください。 LDLコレステロールが165で正常値60~119を超えていますが ...

四万十川さん

2017/12/1221:44:22

教えてください。
LDLコレステロールが165で正常値60~119を超えていますが
薬を飲む必要がありますか?

私は50歳男性。
マラソン練習をしかなり運動をしていますが、マラソンにエネルギーが必要なので
かなり食べます。
中性脂肪やその他の結果は正常です。

閲覧数:
560
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/12/1223:05:30

(基準値60~119)と、120未満を基準にしているところが
未だにあるとは信じられません。

LDLコレステロール 140 (脂質異常症の診断基準値)は、
スクリーニングのためのものであり、薬物療法を開始するための
値ではない、と次に明記されています。

dl.med.or.jp/dl-med/jma/region/dyslipi/ess_dyslipi2014.pdf
脂質異常症治療 のエッセンス - 日本医師会
脂質異常症の診断基準
● 脂質異常症の診断基準値はスクリーニングのためのものであり、
薬物療法を開始するための値ではない。

「動脈硬化性疾患予防ガイドライン 2012年版」では、
「一次予防においても、LDLコレステロールが180mg/dL以上を
持続する場合は、薬物療法を考慮する。」とされています。

私は、現役時代、LDLコレステロールの平常値は 160 程度であり、
140を下回ったことはほとんどありません。
医学博士の健康情報ブログが参考になります。

http://meirusenju.jp/kunika/185/
健常人を病人にする方法(1:基準値のからくり)
http://meirusenju.jp/kunika/195/
健常人を病人にする方法(2:高コレステロール血症)

質問した人からのコメント

2017/12/19 09:18:16

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

day********さん

2017/12/1718:00:19

LDLコレステロールが高い場合は、「中性脂肪」と「HDLコレステロール」を合わせて見ます。


①HDLコレステロール
②LDLコレステロール
③小型LDLコレステロール(悪玉)
④レムナントコレステロール(悪玉)

・「②LDLコレステロール」と「③小型LDLコレステロール」は、別物です。

・「②LDLコレステロール」は、悪玉じゃないです。

・本当の悪玉は、「③小型LDLコレステロール」と「④レムナントコレステロール」です。

オムロン/高脂血症で注意すべきは「レムナント」と「小型LDL」
http://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/topics/25.html


見分け方は、
▲「HDLコレステロールが少ない人は」→小型LDLコレステロール(悪玉)がみられる

▲「HDLコレステロールが少なく、中性脂肪が高い人は」→レムナントコレステロール(悪玉)がみられる

◎「LDLコレステロールが高くても、HDLコレステロールがしっかりあって、中性脂肪が少ない人は、」→LDLが高いと言っても、質の良いLDLコレステロールなので、安心です。

★「糖質制限」や「MEC食」をすると、HDLコレステロールや中性脂肪がよくなります。

(糖質制限)
『マンガでわかる「糖質オフ!」健康法』900円+税
★脂質・たんぱく質をしっかり食べてください。見落としやすいです。

・(MEC食)(糖質制限の一種)
『肉・卵・チーズをたっぷり食べて1年で50㎏痩せました』1000円+税


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




●『健康診断「本当の基準値」完全版ハンドブック』980円+税
LDLコレステロール

・20~24歳 男性 52~144、女性 46~138
・25~29歳 男性 58~155、女性 50~135
・30~34歳 男性 59~170、女性 50~141
・35~39歳 男性 63~176、女性 57~144
・40~44歳 男性 65~181、女性 57~157
・45~49歳 男性 67~183、女性 62~171
・50~54歳 男性 67~185、女性 72~186
・55~59歳 男性 68~186、女性 80~192
・60~64歳 男性 72~183、女性 82~192
・65~69歳 男性 72~180、女性 81~191
・70~74歳 男性 71~178、女性 76~194
・75~79歳 男性 73~174、女性 74~194



●米国心臓病学会では、2013年から、LDL値の診断基準190までとしています。
・「低下目標」は廃止としています。
(アメリカの成り行き)
→1980年代ごろから、アメリカで、コレステロール低下薬でコレステロール値を下げるプロジェクトがありましたが、
→心筋梗塞で入院した人のLDLコレステロール値を調べたら、「20」の人から、「220」の人までまちまちだった。コレステロール値がかなり低くても心筋梗塞が発生していたことが判明した。
→コレステロールが高くて心臓病になるわけではない。
「コレステロールを薬で下げても、心臓病がまったく減らない」というデータが次々に明らかにされるようになってきた。
→コレステロールを下げるプロジェクトが誤りだったことに気づきました
→2013年、アメリカでLDLの基準は190に。「低下目標」は廃止に。



・・・・・・・・・・・


『肉・卵・チーズ MEC食でボケない 老けない 疲れない』1300円+税

LDLコレステロールは、俗に悪玉コレステロールといわれ、動脈硬化の原因とされています。
しかし、これにはまったく科学的根拠はありません。コレステロールは細胞膜やホルモンの材料になったり、血管などの傷を修復する、なくてはならない存在なのです。

また、コレステロールは脳の神経細胞の重要な構成成分で、不足すると脳神経細胞の機能が低下します。
さらに、コレステロール値が高い人のほうが長生きするという結果が出ています。

ただし、LDLコレステロールのなかには、動脈硬化を促進する「超悪玉」が疑われるものがあることもわかっています。
レムナントコレステロール(RLP)とスモールデンスLDLコレステロール(sdLDL)がそれです。

RLPは中性脂肪が高く、HDLコレステロールが低い人に多い傾向があり、
sdLDLはHDLコレステロール値が低い人に多く見られるようです。



●『炭水化の食べ過ぎで早死にしてはいけません』1300円+税
(51ページ)
★コレステロールは、とかく悪者にされがちですが、実は、細胞膜や男性ホルモン、女性ホルモンなどの原料として人体に必要不可欠な大切な物質です。

一般的にLDLコレステロールは悪玉でHDLコレステロールは善玉といういい方をしますが、これも正確ではありません。

正常サイズのLDLは、中に40%のコレステロールを含んでおり、それを末梢組織に運ぶ真っ当な役割を果たしています。

少し難しくなりますが、コレステロールについて説明します。

HDLは末梢組織の細胞で余ったコレステロールを回収して肝臓に運んでいます。

即ち、LDLもHDLも人体に必要なものであり、日々良い仕事をしており逆に少なすぎれば困るわけです。

コレステロールに関して、動脈硬化のリスク要因として問題となるのは、HDLコレステロールが低値の人とLDLコレステロールが高値の人です。

そしてLDLコレステロールの中で、【本当に問題となるのは小粒子LDLコレステロール(小さくて高密度のLDL)と酸化LDLコレステロール】です。

小粒子LDLは、真の悪玉である酸化LDLに変身しやすく危険な存在です。

酸化LDLは血液中で異物と見なされて大食細胞という免疫系の細胞に取り込まれていき、血管内皮細胞内にコレステロールを蓄積させ動脈硬化を起こし、心筋梗塞のリスクとなります。

しかし、酸化していない普通のLDLは、異物ではないので血管内皮に障害を起こしません。

中性脂肪が多くてHDLコレステロールが少ない人は、小粒子LDLがたくさんある可能性が高いので要注意なのです。

HDLコレステロールが多くて中性脂肪が少ない人は、小粒子LDLコレステロールと酸化LDLコレステロールは少ないので安全であり、糖質制限食実践中の人は、そうなります。

つまり、糖質制限食で起こるコレステロール値の変化は、動脈硬化のリスクを下げていると考えられるのです。
(以上写しました。)



スモールデンスLDLコレステロール、小粒子LDLコレステロール=小型LDLコレステロール

酸化LDLコレステロール=レムナントコレステロール


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10年前や20年前は、
「卵はコレステロールが多いから、1日に1~2個までにしましょう」とか
「コレステロールが多い食品は量に気をつけましょう」
とされていたけど、
それは間違っていたとわかりました。

A)
2015年5月1日
日本動脈硬化学会が、
「食事で体内のコレステロール値は大きく変わらない」との声明を発表しました。

B)
厚生労働省は、5年おきに改定する「食事摂取基準」の2015年版で、科学的根拠が得られなかったとしてコレステロールの摂取基準を撤廃しました。

C)
米農務省は「コレステロールは過剰摂取を懸念すべき栄養素ではない」として、摂取量を1日300ミリグラム未満に抑えていた食事指針を2015年見直す方向です。


A)B)C)のいずれもコレステロール摂取基準撤廃です。
(ネットより。)

dance_loveさん

編集あり2017/12/1221:50:50

これ、悪玉菌ですよね。
腸内環境が悪いということだと思うので、オリゴ糖を飲んだり、発酵食品を食べるようにしたらいかがでしょうか?

私も便秘下痢症でLDLコレステロールが高かったんですが、オリゴ糖入りのコーヒーを毎日飲むようにしたら、1年で数値が減りました。便秘下痢症も改善しています。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる