ここから本文です

アブ・シンベル神殿についてです。 かつての移設によって、本来2月と10月の22日に...

meg********さん

2017/12/2400:00:03

アブ・シンベル神殿についてです。

かつての移設によって、本来2月と10月の22日に神殿の奥に日が届くはずがずれてしまった。とよく聞くのですが。どうずれたのですか?

ネットで軽く調べると
・本来20日に日が届くはずが、22日になってしまった。
・その年によって22日に当たらない年もある。
・もっとくっきりと日が届くはずだった。

など様々でした。

そもそも本当にずれてしまったのですか?
正しいソース元があれば教えてください。

閲覧数:
35
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kii********さん

2017/12/2400:34:48

地球の自転には歳差運動というのがあります。
地軸は独楽の軸のようなもので、常に少しずつブレるのです。
その軸のずれにより、地球から見た天体運動は徐々に変化して見えます。

また、公転軌道も必ずしも一定ではなく、数千年から数万年のスケールで軌道が上下左右に変化しています。それによっても地球と太陽の距離や角度が変わるので、関係性は変化しています。
それは天文学的スケールで言えば誤差とすら言えないほどの小さな差ですが、人間のスケールで測れば大きな違いになるのです。

例えばつい先日の冬至の日、旧世界の多くでは、本来はこの日が正月でした。世界の暦はほぼ全てが冬至を出発点とするからです。
しかし、もともと構造的に差が大きくなる大陰暦で言えば一月ほど、太陽暦で言っても1週間ほどのずれが現在できています。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる