ここから本文です

電力会社から高圧線下の立木を伐採させてほしいとの依頼がありました。立木伐採の...

par********さん

2008/8/1210:16:22

電力会社から高圧線下の立木を伐採させてほしいとの依頼がありました。立木伐採の補償料の提示はありましたが、それ以外に高圧線の線下補償の交渉をどうすればいいのか教えて下さい。

地元の電力会社の下請会社(グループ会社)から高圧線下の立木伐採をしたいとの連絡があり、3か月前に担当者と会いました。約25年前に我が家の山林(当時は亡父名義)に高圧線が通り、鉄塔建設の底地を売却したのは父から聞いていましたが、高圧線については建設時に地区代表者の了解を得ただけで、線下補償は何もないまま今日に至っていると初めて聞きました。本高圧線は「○○幹線」と言い「○○原発」からの重要な高圧線で、当時は宅地や田畑には地役権を設定したが、山林にまでは手が回らなかったとのこと。知人の話では、3年前に隣接地区を通った予備的な高圧線では、山林でも地役権を設定したそうです。
先週、立木伐採補償料の金額提示がありました。立木本数は38本で金額は20数万円。「地役権設定は電力会社内でも検討しており、本幹線は3~4年後を目途に着手したい」との口約束。二束三文の木材価格からすると妥当な金額提示かもしれませんが、何か釈然としません。原発用の重要な高圧線なのに、線下補償を長年放置しておきながら、樹木が伸びてきたから伐採させてくれと言うのはどうも納得できません。当方からは何も要求しないのに、「地役権設定の予定は文書で提示できない」などと、反対に担当者の空手形かと勘繰りたくなります。
過去の補償は問わないにしても、地役権設定までに何らかの契約(債権契約?)で年賦等を要求できないものか。どなたか交渉の経験者(地権者サイドでも電力会社サイドでも)からのアドバイスをお願いします。

閲覧数:
17,522
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ech********さん

2008/8/1216:13:48

自分が知るところでは、設定(契約)・・・その時だけの一時金です。
年賦で永年にわたり支払われているとは聞いたことはありません。
今回の伐木、あるいは、土地を借受、使うなどがあった場合には、
補償は、その都度だと聞きました・・その土地の活用に制限と
立ち入る権利を有するために契約・・登記だと。
まぁ電力サイドでの検討はまるっきりうそではないでしょうが、
予算がつかないと出来ない・・・・最有先で進めるれるだけの
要素・・・決定できる人間へ届かないということでしょう。
・・しかし回答としてはっきり電力サイドから無理といわれているのですから
電力会社へはこれ以上言わず、(担当者を悩ますだけで終わってしまう
でしょうから)・・・・期待、薄です。
市町村役場(市町村関係者)へ訴えるのも手かと思います。

質問した人からのコメント

2008/8/19 01:08:02

降参 ご回答ありがとうございました。下請工事の担当者では埒が明かず二度ほどお帰りいただきました。その後電力会社の用地課のお出ましとなりました。本線は逐次計画的に設定を済ませており、当地区の地益権設定計画を3~4年後から前倒しで平成21年度に着手し、さらにそれを文書化するとのことです。文書を見てから、私欲を捨てて当地区の他の地権者の為にもなると自分に言い聞かせて、立木伐採の承諾をする予定です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる