ここから本文です

平成30年 配偶者控除と配偶者特別控除とは? 今年度から初めて所属の総務事務...

アバター

ID非公開さん

2017/12/2400:20:12

平成30年 配偶者控除と配偶者特別控除とは?


今年度から初めて所属の総務事務を担当しています。
平成29年の年末調整をなんとか終えたところですが、平成30年の扶養控除申告書の準備を始

めています。配偶者の所得が85万以下で記入するように変わりましたよね。申告書も変わりいろいろな変化があるので調べているとこですが、そもそもの疑問が湧きました。
配偶者の所得が38万以下でも、85万以下でも、控除額は同じ38万円なのに、なぜ「配偶者控除」と「配偶者特別控除」の名前にわかれるのでしょうか?
段階的に控除額が少なくなる85万円超えからを「配偶者特別控除」とするならしっくりくるのですが…。
段階的に少なくなるところからを「配偶者特別控除」と呼ぶものだと思っていたので、そうではないとなると、そもそも「配偶者控除」と「配偶者特別控除」ってなんなんだろう?と疑問です。
(国税庁 平成29年度年末調整のしくみ のp72の表にあります。)

ほんとうに素人なので、素人向けにご教授くださいますと幸いです。
よろしくお願いいたします。

補足平成29年度年末調整のしくみ のp72
ではなく
平成29年 年末調整のしくみ のp72
でした。


質問後にサイトや資料を読んでいましたが、
配偶者控除と、配偶者特別控除は、別物の制度ということですね?!配偶者の収入額で利用する制度が「配偶者控除」か「配偶者特別控除」になるということですね?!
控除額で「配偶者控除」「配偶者特別控除」と名称が変わるものと思っていました。


そして教授と教示の違いも調べました。
ありがとうございます!

閲覧数:
2,398
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fat********さん

2017/12/2404:04:11

>今年度から初めて所属の総務事務を担当しています。
>(国税庁 平成29年度年末調整のしくみ

平成29年度年末調整のしくみ
「度」は書いて無いでしょ。

総務事務に携わるのでしたら
「年」と「年度」の区別はきちんと付けましょう。
「年」と「年度」を分けて考えないと混乱しますよ。
「年」はカレンダー通りの1月〜12月末
「年度」は4月1日〜翌年3月末で学校の就学単位です。
行政の予算等は年度単位で組まれます。
個人の所得税の計算は年単位です。
住民税は年度単位の課税です。
平成30年3月の卒業式は平成29年度の卒業式
平成30年4月の入学式は平成30年度の入学式


平成29年分迄は、「配偶者控除」は配偶者の所得が38万円以下であれば全ての納税者に適用されます。

「配偶者特別控除」は適用制限が有ります。

>素人向けにご教授くださいますと幸いです。

「教授」では無くて「教示」の方が適切です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「配偶者特別控除とは」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる