ここから本文です

日本は、カタパルトを作れますか?

アバター

ID非公開さん

2017/12/2710:48:29

日本は、カタパルトを作れますか?

日本海軍の艦艇はカタパルトを標準装備していたから、海上自衛隊もすぐに実用化して、護衛艦「いずも」に装備出来ますか?

閲覧数:
10,237
回答数:
9
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mig********さん

2017/12/2817:12:09

▲リニア新幹線やレールガンのリニア技術で、日本は電磁カタパルトを即、製造できるでしょうが【F-35B】なら↓カタパルトもジャンプ台も必要ない。

▼【F-35B】カタパルトもジャンプ台も無しでの【短距離発着艦】
◆「強襲揚陸艦↓LHD-1ワスプ」での【F-35B】短距離発着艦
http://www.youtube.com/watch?v=PHjtRYxOvTw
https://www.youtube.com/watch?v=AW72dBp5DBM&feature=youtu.be
◆「いずも」と強襲揚陸艦ワスプは↓ほぼ飛行甲板の長さが同じ

▲リニア新幹線やレールガンのリニア技術で、日本は電磁カタパルトを即、製造できるでしょうが【F-35B】なら↓カタハ...

  • mig********さん

    2017/12/2817:13:11

    ▼【F-35B】サイズ 15.4m×10.67m:最大離陸重量「27.2 t」
    ▼【いずも】のエレベーターサイズ↓20m×13m:耐荷重30トン
    https://www.youtube.com/watch?v=R300m5llos0
    ▲ 第1・第2格納庫および飛行整備庫は↑合わせて長さ125m×幅21mのスペースが確保され、元もと飛行甲板が耐熱処理されているのが分かる。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

h01********さん

2017/12/2817:04:44

日本海軍のそれは火薬式圧搾空気式なんですけど、、、

現代機の重量を射出する火薬の量って、、、
カタパルトもろとも甲板吹き飛んじゃいます。

蒸気式にしても電磁式にしても機関や発電機を
大出力のものに変えないと無理。

よっていずもへの装備は不可。原子力艦などの
大出力機関の新造船じゃないと無理。

また電磁カタパルトが開発できても、その為に
何台の発電機を載せる必要があるのやら、、

特許の問題もあるでしょうし、、、

tlk********さん

2017/12/2813:48:30

カタパルトの原理は分かっているので電磁式でも超伝導式でも作る事は可能ですね。
カタパルトを実用化するには実験施設を建設して実用性を実証しないといけないでしょうね。
文部科学省所管のJAXAと共同開発する事も可能な技術ですよ!(大重量物を搭載した宇宙船の推進剤を節約して打ち上げる為の超伝導式マスドライバーの開発に使えます。)

lac********さん

2017/12/2802:30:10

>日本は、カタパルトを作れますか?

JRが技術提供してくれたらリニア式カタパルトを開発できる可能は高いです。
重量のある列車を高速で長距離安定的に運用するリニア新幹線の技術は基本的にカタパルトに流用できる技術です。

>海上自衛隊もすぐに実用化して、護衛艦「いずも」に装備出来ますか?

これは無理です、「いずも」の内部構造を抜本的に作り替えないと駄目です。
カタパルトを搭載するのなら別の新造艦を建造する方が余程安いし、早いでしょう。

「いずも」を空母改造云々の話が出てきていますが、「いずも」はアメリカ海軍の4万トンクラスの強襲揚陸艦の飛行甲板とほぼ同じサイズの飛行甲板を持っています。
ですので、米海兵隊が装備する短距離離陸/垂直着陸型機であるF-35Bの運用なら出来るだろうということです。
「いずも」内部に戦闘機が運用するミサイルや爆弾の倉庫やメンテナンス用機材を搭載するという改造をしないと駄目ですが、それくらいなら可能だろうと思われます。
アメリカの強襲揚陸艦と同サイズですので、艦首にスキージャンプ台を設置する必要は必ずしもないでしょう。
艦載機のパイロット育成、整備要員の育成などの手間の方が大変なのかもしれませんね。

ちなみに、旧帝国海軍が実用化していたカタパルトは大きくは2種類あります。
戦艦や巡洋艦などに搭載されていたのは火薬式カタパルト、潜水艦に搭載して水偵を運用する為には圧縮空気式カタパルトを使っていました。
対して、大戦中の米英では空母用には油圧式カタパルト、戦艦や巡洋艦には火薬式カタパルト。潜水艦に飛行機を載せることはできませんでした。
戦後になると空母用には蒸気式カタパルトがイギリスで開発されて、現在の主流になっています。
ところが、最新の米空母ではリニアカタパルトが搭載されました。今後の主流派リニア式になるでしょう。リニア新幹線の技術があれば応用できる可能性があります。

rep********さん

2017/12/2718:20:34

造船技術者のインタビューで、今の日本にない技術がカタパルトとダメージコントロールだそうです。

huy********さん

2017/12/2715:04:02

出来ませんし、出来たとしてもやりません。

あのね、F-35Bって出ているでしょう。F-35Cじゃないの。

海軍仕様上なくて海兵隊仕様。

B型はカタパルト要らないし、強度不足でカタパルト使うと壊れます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる