ここから本文です

保育士・幼稚園の先生の方に質問です。 保育園・幼稚園では運動会や発表会など...

アバター

ID非公開さん

2018/1/500:19:34

保育士・幼稚園の先生の方に質問です。

保育園・幼稚園では運動会や発表会などの演目決めや練習はいつからしているのでしょうか?

私のいとこの子(5歳)が保育園に通ってますが、とても頑張っている姿を本番をみると、
とても感動したのです。

きっといっぱい練習したんだな、と思いますが、影の保育士さんの活躍があってこそなのでは
と思うことが今回の疑問でした。

5歳の子どもといっても、集中力や興味にはとても敏感ではないのかと思いましたし、
普段の生活でどのような練習や考えを持たれてるのですかね?


ぜひ、現場の声を聞かせてください!


下のような回答だとわかりやすいのですが、お任せします。

例)12月発表会なら、〇月から考えて、本番〇日前から練習する・・・。

閲覧数:
205
回答数:
6
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

man********さん

2018/1/701:03:24

私の勤める園では 普段の遊びの中に 運動会の種目になる様な 運動遊び 発表会等の 踊りや 楽器の演奏を 取り入れています。
一学期から ある程度テーマを決め 子どもたちが興味を持つような 環境づくりをします。
保育室に 太鼓や カスタネット ハンドベルなど 楽器が楽しめるコーナーを作ったり。
子どもが 気付き ハンドベルを鳴らしてみたり 太鼓を叩いてみたり 楽しめる空間を作っておきます。自由遊びの中に取り入れて 楽しさを感じてもらいます。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tom********さん

2018/1/700:26:58

元保育教諭です。
保育って年度が始まる前に
年間計画というものを立てるんです。
それは発表会や運動会などの行事だけでなく
人間関係、環境、言語、健康、表現、という五領域というものに大きく分けて考えます。
(うちの園では食育もありました)

例えばですが3歳児を例にすると
人間関係では
4月には
・先生や友達の名前を知り安心して過ごす。
から始まり
8月頃には
・喧嘩をすることもあるが、友達と一緒に遊ぶ楽しさを知る。
12月頃には
・友達と遊びを共有し、遊びを展開することが出来る。

言語では
4月には
泣かずに言葉で気持ちを伝えようとする。

6月には
絵本の読み聞かせや、わらべうたなどを通して様々な言葉を知る

8月には
自分が体験、経験したことを友達や先生に言葉で伝えることを楽しむ。

等と言ったねらい、子どもの様子を考えます。
毎月少しずつ成長していくであろう様子を想像して書きます。
こんな感じのをひと月ごとに五領域全て考えます。
それを参考にしながら毎月、月案という1ヶ月分の計画立て、更に週案(1週間ごと)日案(その日のもの)を考えて保育しています。
そしてその様子を子ども一人一人記録しています。
これらは子どもが帰った後に行う仕事なので残業がすごいんですよ。。。

これらを踏まえていくとわかると思うのですが年間計画には行事も含まれています。
数ヶ月前からの練習ではなく、その学年になったらすぐに取り組みが始まります。
もう始まってから考える余裕もない感じです。

しかし、いきなり子ども達に
練習するよ!と言って始めるのではなく、
例えばお遊戯会で使う曲をゲーム遊びの時に流して子どもに自然と覚えてもらったり、
朝や帰りの歌のときにプラスで一曲歌ったり、劇で童話をするのが決まっているのなら
その絵本の読み聞かせを増やして子どもの身近なものにしていったり。
やり方はそこそこの園で違うと思いますが、子ども達へ少しずつ導入して盛り上がりのピークが本番に来るように練習しています。
年少とかだと本番前に飽きてしまいがちなのでそこは適度に息抜きで別の活動を挟みながら忘れない程度に行ったりします。

ですがまぁだいたい1ヶ月くらい前までには
リハーサルを終えて子どもの体にインプットするような感じであとは自信を持ってやるだけ!という形にしておきます。

私たちもリハーサルまでに全員の衣装作りに追われます。。。

こんな感じですかね〜。
長々とすみません!!

kir********さん

編集あり2018/1/616:25:36

元幼稚園教諭です。

私が勤めていた幼稚園は行事が大規模で、それなりのクオリティが求められていたため、かなり入念な準備が必要でした。

運動会は10月でしたが、年長児がそこで発表する鼓笛は4月から取り組んでいました。(その基礎となる歩き方や姿勢などの基本動作は年中時から)
組体操は6月くらいから週イチ50分で体操の先生が。
通し練習を始めるのは9月に入ってからなので、まぁ普通?でしょうか。
親子競技や全体ダンスは2学期に入ってから負担のない程度に合間合間に取り組んでいました。

お遊戯会は12月頭で、各クラス題材の発表は11月。年長児は11月頭にマーチングの全国大会があるので、それが終わったらお遊戯会モードに切り替えて一気に練習でした。
タイトル発表から役決め、本番まで約1か月。
それでも子どもたちはすごいです。
楽しみながら長いセリフや歌や踊りもしっかり覚えて発表してくれます。
担任は地獄でした…。笑
4月に題材決め(各学年6クラスだったので、被らないように、前年度に演じられた題材でないものを、等)
6月頃までに台本作りと配役の人数調整
夏休みは自宅で衣装の見本制作
2学期は衣装のOKが出た役から人数分の制作…で休む間なしです。笑

毎年ディズニーで鼓笛の演奏をしていたのですが、それが3月頭。
ディズニーの演奏は大会でのものとかなり変わるのですが、その練習は1月後半から。
卒園式の練習が2月から始まるので、ほぼ平行してやっていました。

なんか子どもたちが苦しそうな園に聞こえますけど、無理をさせずに、あくまでも楽しくという方針のもとだったので、子どもも私達もすごく楽しんで充実していたし、保護者満足度は非常に高い園でした。
もちろん活動によっては苦手な子もいましたが、そこは上手く声をかけたり、目標とするゴールを低めに設定したり、個々に合わせて全員が達成感を感じられるよう指導します。


私立の認可保育園にも勤めましたが、保育園は「生活の延長」という考えの園長が多いため、練習に何ヶ月も費やしたり、厳しめの練習はしない傾向にあるように感じました。

ton********さん

2018/1/606:03:49

認可私立保育園の保育士です。
他の方々がおっしゃっていますように、園の大きな行事は園生活の流れから…ですので4月の時からすでに始まっているといってもいいのかな。
現に私の勤める園の年長の保育士は、4月ぐらいから「発表会ではこれ!」と熱く語っていましたからね。。
演目は変わってましたけど(^^;)

私の勤める園は運動会は5月なんです。
なので、前年度の3月ぐらいには年長児のものを若干は決めておきます。
4月の中旬ぐらいから、じわじわと様々なものに取り組みます。
秋に運動会がない分、秋ぐらいから発表会に取り組むことができ、10月の後半からどんなことをするかを本格的に主任・担任間で話し合い…
11月には内容を固めて、小さいクラスは飽きない程度に。大きいクラスは余裕を持って楽しめるように進めていきます。そして12月の上旬の発表会へ挑みます^ ^

各園によって取り組み方も、指導の仕方も違ってきますが、3園経験してきた中でどの園も、行事の進め方は同じような感じでした。
少しでも参考になれば幸いです。

ike********さん

2018/1/603:18:18

何歳児かにもよるけど…

普段の生活の延長線上のものをやる事が多いので、例えば読み聞かせをしていると、自然に子ども達の中から印象強く残るセリフや仕草があると、編成してみたり、話を作り変えたりしながら、ごっこ遊びにつなげていきますよ。

4〜5歳児の年長、年中になると劇などで挑戦させてみたい物語があれば、あえてそれを読み聞かせや紙芝居などにいれてみます。

3歳以上の楽器演奏…とりあえず音を鳴らしてみる、楽譜に合わせながら合図や声かけで鳴らしてみる、何となく音が合ってくると、保育士はもちろん嬉しいけど、子ども達も自然に喜びに満ちて来ます。

発表会などが近づく。例えば一ヶ月前あたりには外遊びが出来ない雨の日や風が強い日に楽器遊び、読み聞かせ…そんな感じで取り入れていき、2週間前には1日一度くらいはあえて遊びながらの練習をし、少し形になってきて、1週間まえには何となく完成してます。

1番困るのは、配役をきちんと決めてしまい、それを親に報告してしまったとします。

我が子が主役級だと喜ぶ保護者。

でも。毎日の生活の中で、主役ゲットしたけど、違う役もやってみたい…など、本人の意思で配役を変更したとします。

後日、クレームって形で保護者から文句が(笑)

わたしにも経験ありますが、我が子がやりたかった役や楽器をゲットしたのに、それをやりたいとゴネる子がいて、毎日泣いて可哀想に思った息子が、「変わってあげるね」と交代してしまったことがあります。

ゴネた子は前年度も大役をし、その年の運動会でも大役…、
我が子はいつも「その他大勢」
楽器ならカスタネットか鍵盤ハーモニカ…

ゴネれば通用するというやり方は気に入らないけど、息子の優しい気持ちや脇役でも頑張ったって姿を尊重しなきゃな…そうなるまでに経過があったろうしな…と想像つくから言わないけど、でもね(笑)

話は戻って…

前年度いた保育園では、行事の記憶が残る年長年中さん…失敗したくない、上手になりたいって思いから、自由遊びの時間に、担任に「練習したい」って懇願する子が多くて驚きました。

みんなが自由に遊んでる中、1人が担任に「鍵盤ハーモニカやっていい?」と担任に聞き、許可が出て練習始めると、「私も!」「僕も!」と次々にやり始め、最終的に合同練習になる姿を見ました。

自由遊びの段階から聞こえてくるのに、発表会前になると頻繁に練習するので、私が受け持っていた一歳児クラスの子もセリフな曲を自然に覚えてしまい、口ずさんだり、自分たちも真似してみたりして驚くこともありました。

子どもって何でも柔軟だから、自然に吸収出来るんですねぇ。

kon********さん

2018/1/508:19:59

先ず基本的には発表会も運動会も普段の園でやっている事の延長線上にあると考えています。

これまでの成長の様子を保護者の方々に見て頂く。そんな思いがあります。

運動会なら構想は運動会が終わった時点で始まります。今年の反省をどの様に来年に繋げるか、そんな事を頭の片隅にいつも入れておき普段の活動も行っています。

具体的な構想と子供達への意識づけは1学期の終わりころから始めます。夏休み中にある程度固め、2学期になって子供達の様子を見ながら明確な意識づけと子供達と一緒に構想の仕上げをしていきます。

それから本番に向けてスケジュールを組み、段階を追った練習を続けて本番でピークを迎えられる様に調整を行っていきます。

私ですとこんな感じです。発表会やその他の行事も大体同じ様になります。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる