ここから本文です

転換が求められる日本のエネルギー政策について

アバター

ID非公開さん

2018/1/1315:00:03

転換が求められる日本のエネルギー政策について

日本では石油危機をキッカケに石油依存の提言や省エネルギーの推進などのエネルギー政策を進めてきました。また、東日本大震災に策定されたエネルギー基本計画では原発依存を強める方向性が打ち出されましたが福島の第一原発の事故は政府のエネルギー政策に大きな転換をもたらしました。そこでこれまで行ってきた政策を踏まえて今後はどのようなエネルギー政策をして行くべきだと思いますか?

閲覧数:
25
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kom********さん

2018/1/1315:05:57

今後は今の太陽光政策をやめて太陽光利権者を皆殺しにすべきです。あり得ない利益です。

そして石炭発電に全面的に変えるべきです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

med********さん

2018/1/1315:05:50

何といっても、埋蔵量世界第4位の地熱エネルギーを

重点に開発すべきです。

ここが圧倒的にかつ政策的に遅らされていますから。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる