ここから本文です

錐体細胞で光を受容するタンパク質についてなのですが、アイオドプシンとフォトプ...

アバター

ID非公開さん

2018/1/810:38:10

錐体細胞で光を受容するタンパク質についてなのですが、アイオドプシンとフォトプシンという2つのタンパク質の名前が紛らわしく参考書に書かれているのですが、

「錐体細胞で光を受容するタンパク質」はどちらなのでしょうか。
いまいち、アイオドプシンとフォトプシンの違いが分かりません。教えていただける方いましたらよろしくお願いします。
高校生物

閲覧数:
60
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

noi********さん

2018/1/911:14:20

視物質について、詳しいわけではないですが、回答が付かないようなので、
論文に書いてあることを要約すると。


アポ蛋白質である ” フォトプシン ” にレチナールが結合したものを ” アイオドプシン(iodopsin) ” と呼ぶようです。


桿体のロドプシンが、レチナールとアポ蛋白質のスコトプシン(scotopsin)が結合したものであるのと同じ関係のようです。

桿体と錐体のオプシンを区別するとき、スコトプシンと、フォトプシンというようです。

尚、アイオドプシンは、元は、ニワトリの赤色感受性視物質について付けられた名称です。

ご参考になれば。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる