ここから本文です

去年、黒潮大蛇行が発生して、今年の冬は関東地方、東京23区も含めて、雪日数が平...

rs0********さん

2018/1/810:43:41

去年、黒潮大蛇行が発生して、今年の冬は関東地方、東京23区も含めて、雪日数が平年よりやや多めかかなり多い予想で、積雪のリスクも高まってるらしいですが、確実に雪日数が少ないってことはないんですよね?

本当に今年の冬は雪日数は多くなるんでしょうか?
現在の週間予報を見ている限り、晴れ日数の方が多く、明日は南風が吹いて、暖気を引き寄せる影響で予想最高気温が17℃で平年よりかなり高くなる予報なので、黒潮大蛇行が発生して雪が平年よりやや多めかかなり多くなるとは限らないとは思いますが。分かる方がいましたら回答をお願いします。

閲覧数:
128
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kir********さん

編集あり2018/1/814:39:27

40代女性回答者 気象女です、先週の金曜日に東京での積雪は無し予告した者です。 関東沿岸で南岸低気圧に暖かい、大気中の水分を供給する、『暖かい海域から流れて来る黒潮』の大蛇行は、関東平野部や東日本の本州沿岸に、雪を降らせるエネルギー供給元の大事な要素です。

今年の東日本でも、関東、東北太平洋沿岸地域の、降雪日数(積雪を含む)は少ないと予告します。

質問者様も午後存知の通り、去年から、稀に見る程の黒潮の蛇行が起きて居る状態です。
太平洋の海水はラニーニャ現象状態。

日本海側、関東でも、平野部を、ブロックする高山地帯の日本海側の群馬県等、北陸、北海道、には北極圏からの寒気団が下りて、流れ込み易く、降雪量や降雪日が多い、冬型の西高東低の気圧配置が続いて降雪日数が多く成る状態が長く続きそうです。
東京に雪を降らせる、南岸低気圧の発生と発達しながらの北上が少ないと、私は予告して居ます。
大雪の可能性が低く、2月~3月に、春の『淡雪』が降り、多少積もる位と、予告します♡

kirameki~☆より

追伸 質問者様に幸、多き1年に成ります事を願って居ます。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「東京 雪」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

気持ちをこめた差し入れを、あの人に

みんなのアンテナ

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる