ここから本文です

宇宙のビッグバンからの宇宙の図を見ると、宇宙は平面なのですか?ビッグバン(左端...

xmt********さん

2018/1/1214:28:35

宇宙のビッグバンからの宇宙の図を見ると、宇宙は平面なのですか?ビッグバン(左端)から時間の経過で広がって右に伸びてますが、その時々はこの図では断面に過ぎず、宇宙の形は断面すなわち平面なのですか?なんで放

射状に全方向に広がらないんでしょうか?この図はそれを表しきれていない、一部分だけを説明する概念図なのでしょうか?あるいは、ビッグバンからこの形になったところまでのこの形の全体として宇宙が存在していて、左端の細いところも現在同時に存在していて、ということなんでしょうか?この図を誤解なく分かりやすく完全に説明できる説明はあるんでしょうか?

BIGBANG,宇宙,一部分,左端,断面すなわち平面,断面,平面

閲覧数:
160
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oot********さん

2018/1/1306:54:59

宇宙という立体的な空間が時間を追って広がっていく様子という、4次元空間でないと表記できない事柄を説明するために、宇宙の立体的広がりを平面に置き換えて表記したものです。だから、宇宙は平面である、ということではないです。

横方向が時間軸で、それに直交する平面がその当時の宇宙の広がりを示しているので、宇宙の広がる様子がラッパのような形状で表現されています。

トマトを育てていて、その実が時間を追って大きくなる様子を、横軸に時間、それに直交する平面でトマトの直径を表したグラフ、と考えてください。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hot********さん

2018/1/1322:26:04

恐らく右端が現在の姿で、左へ向かうほど過去の姿になるはずですが、
実際には遠くほど過去の姿しか観測できない事から分かるように、
描かれている姿の大部分に想像が加わります。

とは言え観測可能な範囲の宇宙のエネルギーが
ほぼ均一に分布している事は既に判明しているので、
そんなに変わらないと思われますが。

観測可能な範囲の外側がどうなっているのかは分かりませんし、
ビッグバンが本当に宇宙の始まりだったのかも疑問視されているので、
それは"宇宙全図"などではなく、時間的にも空間的にも、
「一部分だけを説明する概念図」という認識で合っていると思います。

プロフィール画像

カテゴリマスター

qqq********さん

2018/1/1223:16:23

科学で言っているのですが、空間がなかったのが、突然現れて広がっているとしてます。
それでこの現れて広がった速さが、正しくアッというような瞬間です。
60万年から2000万年位の間で、既に宇宙の果て138億光年まで広がったとしているからです。
要するに138億光年先が宇宙初めの頃で、果てが138億光年と見ているのは、空間がアッという間に広がったのと比べて、光が遥か遅れてやって来た為です。
これで今背景放射としてマイクロ波が観測されるのです。

あなたの図で左端が尖っているのは、空間が現れた時を尖がらしていて、アッと言う間に広がったのは上下の幅になってます。

イメージとしては球体で現れて、その球体が半径138億光年も広がります。
その後ほぼなだらかな平らが右に行っているのは、膨らむ球体の空間がユックリである事を表してます。
以前はこれは右に行くのに従って下向きのカーブになっていたのが、今はやや上向きのカーブになってます。
これは60億光年からこちらに向かって若干加速で観測されるようになってから、広がりがぶり返して増えたとされているからです。

空間は全方向に同じように広がって観測されているので、すべては球体が最初一瞬のようにして広がっていると思えるのは、その広さの宇宙が全ての方角で見えているので球状だと推定出来る訳です。

ところが全ての方角からマイクロ波が届いているとされ、それは空間と供に現れた物質から出たもので、未だ銀河と言える前姿としてます。

最初の尖った所から一瞬のように広がったところの幅に宇宙背景放射があって、そこから横幅に少し上向きに広がって右に行っているのは、こちらに遣って来ている距離です。
それですから右に行くのに従って銀河が見えているのですが、左から右へと銀河が古いものから見えていて、段々と右に行くのは新しい年数の銀河になって来てます。
一番右端の方は、現在の天の川銀河から見える一番近い銀河の見える宇宙の姿になります。

光が届くのに近い右が速く届いていて、遠くに従って届くのに期間が掛かって来てます。
要するにこれは遠くから近くまで見えている光のパドラマです。
それで一方向から来るイメージで図されているのではないでしょうか。

宇宙背景放射は全ての方角の果て138億光年のところにあります。
この全体は球状を想像出来ます。
宇宙では天体は大きくなる毎に球体になっているからです。

ところで話は今の科学とは外れるのですが、私は自分で独自に宇宙を考えてます。
空間など現れたとか広がった事がないものです。
広がったのは物質の方だけというものです。

これは宇宙全ての銀河が遠くほど速く遠ざかって見えているので、広がった最初のところは割とこの辺りと思ってます。
こういう事で回答した私の宇宙観を載せてみます。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q131798540...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sun********さん

2018/1/1216:09:13

その図はおっしゃるとおり断面が宇宙の大きさを表すものです。横軸は時間で、時間の経過とともに断面が大きくなる様子を表しているので、過去は存在しません。

断面は平面ですが、現実の宇宙空間は立体です。
そこが理解しにくいのであれば、断面を回転させた球の体積が宇宙の体積を表す、あるいは宇宙の体積を球にした時の断面がその図の断面となる、と考えてください。

※宇宙の形が球だというのではありません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

for********さん

2018/1/1215:40:30

コレは概念図です。
現在の宇宙は確かにこの図で言えば断面となりますが、それは三次元をその形で図示出来ないから概念図として3次元空間を平面として図示してるだけです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる