ここから本文です

副業、フロムネットサーフィンについて この会社ってやはり詐欺でしょうか? ...

ngk********さん

2018/1/1214:46:38

副業、フロムネットサーフィンについて
この会社ってやはり詐欺でしょうか?

最初にマニュアル代19800円払って、その後電話。初めは代表?の神矢隆介さんが電話にて対応してきました。その

時に、マニュアルにも書いてあったんですけど、プランがいくつかあって何だかんだでクレジットで50万のプランを契約しました。ただこの時クレジット上限の都合で3つのカード使って30万までしか払えず、残りは稼いだお金で返してもらえば良いという形になりました。
毎日、今日行う作業みたいなのが送られてきて、そのマニュアルに沿って作業していて、わからない事があったらメールで質問したら帰ってくるし、電話の相談も受け付けてて、時にはパソコンの遠隔操作での説明もしてくれていました。
しかし、Amazon最低価格で販売するとお客さんがこちらにも流れてくると言われてたので最低価格にしてから、1ヶ月経っても売れず、やっと売れたと思ったら国際送料が千円以上かかると中国サイトから言われ、結果的に(販売価格-手数料)<(仕入値+中国内送料+国際送料)になってしまい赤字に。それをサポートに確認したら、国際送料もちゃんと見積もり取らないといけないですよ〜説明しましたよ?的なことを言われ、されてませんと伝えてもスルーして今後どうしたらいいという話に変えられてました。
クレジットの支払いも収入がないのでお金なくてできないし、返金の話しても、あなたはプランの代金を全額払ってないからウチが今赤字の状態だから解約するなら8万くらい請求することになります。でも事情を聞いて、こちらから請求がいかないように経理に話しておきます。という感じでした。

詐欺の可能性が高いけど、なんとなく、今回稼げなかったのって私の販売の仕方が悪かったからかな…?とか思っちゃって判断がつきません。
弁護士にも相談したんですけど、返してもらえる可能性は低い。詐欺かどうかの判断が怪しい。今回の30万は勉強代だと思って。という返答でした。

詐欺なら返してもらいたい。それか、クレジットの後リボにしてるから、引き落としを止めてもらいたい。

消費者センターに相談したらなにか変わりますか?

神矢隆介,クレジット,マニュアル,詐欺,プラン

閲覧数:
1,796
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ppa********さん

2018/1/1222:52:51

詐欺ですよそれ

TURKS(タークス) 神矢隆介 千葉一 フロムネットサーフィン
http://www.no1-reviewer.com/review/2018/01/turks.php

せどりビジネスのフロムネットサーフィン
http://bbs.brch14.com/forums/topic/%E3%81%9B%E3%81%A9%E3%82%8A%E3%8...

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

nor********さん

2018/1/1221:32:49

弁護士に相談した割には、何も適格な情報が得られていないように思います。

業務提供誘引販売取引の可能性について触れられておらず、その可能性についても検討されていないのでは。

これは書面だけでは判断できず、実態も含めてどうか検証されるべきもの。
まず、そこのスタートラインにすら立っていない印象を受けました。

愛知県弁護士会
アフィリエイトやドロップシッピングなどの内職トラブルについて
https://www.aiben.jp/about/katsudou/shohisha/affiliate.html

ここの注意がわかりやすくまとめていますが、ドロップシッピングのような形式のものを行ったのだと思います。

この契約、もしかすると業務委託という形式で契約書が書かれているのかもしれません。
しかし、消費者庁によると

業務提供誘引販売取引
http://www.no-trouble.go.jp/what/businessopportunity/

>特定商取引法は、「業務提供誘引販売取引」を次のように規定しています。
物品の販売または役務の提供(そのあっせんを含む)の事業であって
業務提供利益が得られると相手方を誘引し
その者と特定負担を伴う取引をするもの

解りやすく言うと、こういう仕事がありますよと勧誘し、これだけの利益が得られる可能性があると言い、負担金の支払いがあるものとなります。

特定負担は
・マニュアル代19800円
・コース代金 30万円
これが特定負担です。

おそらく勧誘時に、うまくいくとこの程度の報酬があると説明があった部分が特定利益になります。

こういう契約は、特商法により
・法定書面の交付→記載すべき事項も決まっています。
・クーリングオフの説明→20日間あります。
・不実告知をしない→絶対に儲かりますと言ってはダメ。

こういうルール上で契約されるべきものなんです。本来は。

しかし、業務委託と業務提供誘引販売取引は似ている面もあるから、ここでどっちなのか判断できるようなものではないんです。
だから、それを相談しに行かないと相手が弁護士だとしても、相談そのものが意味がないんじゃないかと思います。

消費生活センターの窓口だけで解決できるのか、ADR制度に相手が応じるか、まだやれることはあるんじゃないでしょうか。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる