ここから本文です

質問させて下さい。 運送会社に勤めています。先日事務所にいると上司達が車庫に...

アバター

ID非公開さん

2018/1/1218:22:19

質問させて下さい。
運送会社に勤めています。先日事務所にいると上司達が車庫について話しているのを聞きました。
内容は今の車庫の大家さんが去年の暮れに亡くなったらしく借りている土地の

持ち主が息子さんに変わるらしいとの事。
そしてその息子さんが管理も大変だし固定資産税も払えないからその土地の売却を考えているので立ち退いてもらえないだろうか?
と連絡が来たそうです。

今の車庫は約100坪位で小さいですが事務所もありトラックの車庫にもなっています。35年間借りているそうです。
そのくらい長く借りているならそんなに簡単に出て行かなくてもいいのでは無いかと思うのですがどうなのでしょうか?

ネットで調べたら借地権とか出てきたのですがよく分からなかったので質問させていただきました。
良かったら教えて下さい。

閲覧数:
84
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

emm********さん

2018/1/1322:26:03

どういう方法で、土地を借りてるかに付きます。
借地権であれば、出て行かないでも良いって意見がありますが
それほど 甘い物でもありません。

土地の購入方向で交渉するか・賃料?地代?の値上げ交渉するか
会社の能力に掛かっております。
このままって言うと、変な方向に進みそうです・・

まず 着目点的に
>固定資産税も払えない
ここが気になります。

35年借りてても、同じなのです。
本来は、35年の間に何回も、地代・賃料の値上げがないと
おかしい話なのです。
固定資産税は年々あがる訳なので・・

亡くなった。って事は、戦前生まれなのかな?って思う所です。

人に良くする事で、自分にも、いずれ戻ってくるって
考え方の方が多く、結果的に自分達の資産から、
損切してるとかいわいる慈善事業
ボランティア?みたいな部分があります。
お年寄りの大家の多いケースです。

当然 息子さんの代に代われば、そんな土地いみねーって
なるのです。

裁判するしかないのかも知れません。
裁判の論点は、
賃料?地代をいくら払ってるのか?
それと、その土地の固定資産税です。
これが固定資産税のが高かったら、もう大変
裁判負けます。

地主 大家が赤字を背負ってまで、
提供しないといけないって言うのは有りえないからです。
何十年でも、それが続いていたのなら、
無条件で出ていけって判決も有りえます。

ご自身に質問ですけど。
今の仕事に、給料は貰えず1日1000円とか払って
仕事したいですか?
それと結論は同じ事なんです。

裁判で、大家の負けで、会社側の勝ちって事であれば
大家に死ね 首つれって日本の国が言ってるようなものだからです。

逆なら、問題はないです。
逆なら、もちろん 立ち退きする必要もありません。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

kit********さん

2018/1/1322:07:16

その車庫が建物なら、出てゆく必要はないですね。

地主さんの息子さんが、誰かに売るのでしたら、新しく買った人に、地代を払えば済む話です。

建物所有を目的とした借地権の場合、背信的悪意行為、地代不払い、が無ければ、半永久に借地できます。

sys********さん

2018/1/1312:03:36

借地権と呼ばれるのはそこに建つ建物が「借地借家法の適用がある場合」に限られます
今回のケースで言えば、車庫と事務所がそれに該当するか検証する必要があります

事務所の場合、例えば建築現場にあるプレハブ事務所のように簡易に移設できるような建物の場合では適用されないケースがあります
車庫も同様ですが「登記」されていれば、借地借家法の適用があるため持ち主が変わっても基本的には借り続けることが可能です

また事務所が一般的な建物であれば当然借地借家法が適用されますから原則として立ち退く必要はないと思われます
土地の持ち主が変わろうが、亡くなろうが関係ありません

借地借家法の適用がない場合、民法の判断になってきます
月極め駐車場のような契約と基本的には同じですから、双方からの解約の申し入れで契約は終了しますから立ち退く必要があります

これらは裁判でよく争われる内容です
現地にどのような建物があるか、どのような車庫なのか見ていませんから予測での話です
弁護士や不動産業者に相談する必要がありそうですね

tot********さん

2018/1/1221:17:25

借地上に建物があれば自動的に契約を更新か、借地者が契約を更新する権利があるはずです。
ですが、特別な事由がある場合は解約が認められます。
ただ賃貸人が亡くなることは特別事由にふくまれなかったはずです。
つまり土地を貸す権利も息子さんに相続されると思います。
なので事務所があるなら大丈夫じゃないでしょうか?

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる