ここから本文です

この包丁は、刃のふちだけを研げばいいんですか?それとも画像の刀身の白くなって...

アバター

ID非公開さん

2018/1/1316:45:36

この包丁は、刃のふちだけを研げばいいんですか?それとも画像の刀身の白くなっている側全体ですか?

刃先,刀身,砥石,ふち,片刃,包丁,側全体

閲覧数:
33
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

qqm********さん

2018/1/1411:17:58

刃先から鎬の部分(写真だと白く写っている部分全体)を粗砥、中砥で砥石に張り付いた状態で研いでいきます。
この角度は、15-20度で包丁設計時についている角度です。
カエリが出るまで研いだ後、仕上げ砥石で、刃先1-2mmだけを研ぎます。
出刃だと、鎬-刃先間は、平面ではなく局面です。なので、数区分に分けて砥ぎます。特に先端部は、焼き入れが強いので研ぎ難くかなり研がないと切れるようにはなりません。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

inb********さん

2018/1/1401:34:58

多分片刃の出刃のはずだから、白くなってるところ全面を研ぐのが基本の砥ぎ方。
刃を立てて刃先だけ研ぐやり方もあるけど、まああくまで応用みたいなもん。
ただし購入してから一回も研いでない奴は購入時の簡易刃付けのままだから、白くなってるところ全面を砥石にべたっとあてると刃先だけ砥石に当たらないかもしれない。それをきちんと砥ぐのはおそらく荷が重いから、その場合は研ぎに出したほうが手っ取り早いし大失敗もしないよ。

piy********さん

2018/1/1322:04:57

黒と白の境目がしのぎ筋といって、砥石にペタッと付けて研ぐところの刃の先を押さえて研ぐのが基本です。
しのぎをけずるの語源です。

砥石は段々へこんでいきますから面直しといって、毎回、平面を保って下さい。

mag********さん

2018/1/1318:53:11

研ぐ度に毎回白い切り刃部も研いで、刃先も角度を変えて研ぐことをお薦めします。

刃先だけ研いでいると『丸っ刃』とか『馬鹿っ刃』と言われる状態になりやすく、また切り刃(白い部分)を放置しておくと刃先が厚くなります。

切り刃の厚みを一度で研ぎおろすのは苦労するので毎回の研ぎで少しずつ研いでおいたほうが楽です。

切り刃はベタ研ぎでも構いませんが、研ぎ過ぎると出刃包丁としてのパワーを失うので、やや丸みを持たせて研ぐのが理想的です。

aue********さん

2018/1/1317:59:33

刃先だけ45度ぐらいで幅0.5mmぐらいの刃をつける。
使って研いでを繰り返して行くと、幅が広がって、刃の抜けがわるくなるので、
その時は、白く見える部分を研ぎこんで、薄くする。

snf********さん

2018/1/1316:48:45

片刃の出刃なので白い方でいいんじゃない。砥ぐ時少し角度つけるといいでしょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる