ここから本文です

国語の問題です。 以下の文の ように という言葉と同じ種類の語がつかわれている...

don********さん

2018/1/1323:59:08

国語の問題です。
以下の文の ように という言葉と同じ種類の語がつかわれている分はどれですか?

という問いの答えがわかりません。
わかる方、教えて下さい。

娘の顔が春を迎えた花の【ように】大きく輝いた。

①旅行中は風邪をひかないように気を付けて過ごした。
②外は昨日からの雨が降り注いでいるように見える
③復讐を繰り返して算数が少しできるようになった。
④委員会は蜂の巣をつついたように騒がしくなった
⑤彼には なるべく来るように とだけ伝えました。

②と④どちらかかな???・・・・

閲覧数:
26
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

oko********さん

2018/1/1416:57:53

「~ようだ」の連用形「~ように」なので、
「ようだ」に戻って考えてみると・・・

①風邪をひかないようだ:推測
②降り注いでいるようだ:推測
③復讐!おお怖!、算数が少しできるようだ:期待
④委員会は蜂の巣をつついたようだ:まるで~みたいだ
⑤なるべく来るようだ:勧誘

④ですね。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

rou********さん

2018/1/1401:02:02

答えは「④」です。

例文の「ように」(助動詞「ようだ」の連用形)は、「比況(たとえ)」の意味で使われています。
「比況」の意味のときは「委員会は(まるで)蜂の巣をつついたように騒がしくなった」というように、「まるで」を補うことができます。
②は、「推定」の意味です。

このカテゴリの回答受付中の質問

一覧を見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる