ここから本文です

末期の肺がんについて

アバター

ID非公開さん

2018/1/1400:58:56

末期の肺がんについて

母親(60)が末期の肺がんです。
現在、リンパと脳にも転移してます。
一昨年に肺がん脳転移が見つかり、手術不可能の為抗がん剤治療をしました。
そして、オプジーボを1年間やり当初は小さくなりましたが、最近癌が倍位の大きさになってしまいました。
本人はまだ治療をしたいのですが、先生からこれ以上の治療は命を縮めるだけだから(効かない薬を使っても体と副作用が辛いだけ)と緩和ケアを進められました。
ここまでは、本人がいるときの話です。
その後、先生に本当はどうなのかを訪ねました。
先生曰く、今すぐに急変してもおかしくない状態だから覚悟をして欲しいと言われました。
その際の延命治療をどうするかも聞かれました。
現在は歩く事は不可能(いきなり歩けなくなった)ですがご飯も食べて普通に話もしてます。
その為、先生の話すいつ急変しても不思議ではない状況になる事が想像出来ません。
やはり先生は色んな患者さんを見てるから分かるのでしょうか?
まだ肺に水もありませんし、息苦しさも無いようです。
皆さんの体験談を少し聞きたいです。

閲覧数:
717
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

and********さん

2018/1/1706:27:38

オプジーボで治らないなら駄目でしょう。諦めなさい。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「オプジーボ 副作用」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

gan********さん

2018/1/1407:33:29

脳に転移しているとなると病状急変も考えられますので
お医者さんは最悪の想定で話していると思いますが
いきなり歩けなくなったりした症状も考え合わせると
かなりリスクが高い状態ではあると思いますね。

緩和ケアの準備は進めておくほうが良いかと思いますが
緩和ケアの適用期間が限られている場合もあるので
認知症などが出ないで元気なうちは入院継続か自宅療養
看護が難しくなったら緩和ケアに入れるかどうかも
ちゃんと確認しておいた方がよいかと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる