ここから本文です

質問⑴ 私はオムライスが食べられなくなりました。こんな奇妙な出来事があったか...

omu********さん

2018/1/1407:05:11

質問⑴

私はオムライスが食べられなくなりました。こんな奇妙な出来事があったからです。

以前私はデパートの7階にあるオムライス専門店でバイトしてました。メニューのほとんどがオムライ

スで、ソースもトマト、クリーム、ミート、カレー等選べるオムライスメインの店でした。

その店に、毎週木曜日の夕方6時頃になると必ず来店するお爺さんがいました。
綺麗な白髪でこざっぱりした身なりの、感じのいいお爺さんでした。いつも隅の、観葉植物の傍の席に座りました。

ひとつ不思議なのは、お爺さんは毎回違うオムライスを注文するのですが、なぜか2種類を一人前ずつ頼むのです。
そのお店はハーフサイズもあり、2種類のミニオムライスがセットになってるモノもあったのでそれをお勧めしたのですが、毎回普通サイズを2種類注文し、帰る時にはお皿は2つともきれいに片付いていました。

「あの小柄なお爺さんが2人前?」


と厨房でも話題になったのですが、きっと一人暮らしで次の日用にタッパにでも入れて持ち帰っているんだろう、と結論が出て、

「うちでも持ち帰り用を始めてもいいかもしれないですね」

との提案まで出ていました。そして木曜日。6時を過ぎてお爺さんが来店しました。
その時私がオーダーをとりました。確か、シーフードのクリームソースと、ベーコンとナスのトマトソースでいつも通り一人前ずつ注文受けました。
私はいつ持ち帰るのか興味があって、事あるごとにお爺さんを観察していました。



お爺さんのオムライスは2つとも交互に、端からきちんと食べていました。どちらも半分程の量になっており、

「もしかして2つとも全部食べるのかな・・・・」

と思って見ていたその瞬間、私は信じられないものを見ました。
それまできちんとしていたお爺さんが突然、左側のオムライスを手でつかむと、そばに置いてある手さげカバンに放り込んだのです。

「えっ!」

思わず声が出ました。観葉植物で少し隠れていたけど、確かに見ました。
お爺さんの手はクリームソースでベトベトでしたが、紙ナプキンで拭くと何事も無かったように水を飲んでいました。

ちょうど店が混んでしまい仕事が忙しくなったのですが、私は気になって気になってたまらず、各テーブルに水を注ぎに行く時お爺さんの所へも廻りました。
水を注ぎながらお皿を見ると、右側ももう何も乗っていませんでした。

「こっちもカバンに入れたのかも」

と思い、つい身を乗り出してお爺さんのカバンを覗き込もうとしたその時、お爺さんと目が合いました。

今までの印象を覆すような、奇妙なくらい嫌な目つき。目が合っていたのは1、2秒程だったと思いますが、私は硬直して身動き出来ませんでした。

我に返ると、うろたえてそのまま他のテーブルを廻らずに厨房へ戻りました。
もうお爺さんの方を見る事が出来なくなり、焦りながら仕事をしていたのですが、気付くともうお爺さんは支払いを済ませて店を出て行くところでした。

私はあまりの衝撃で動揺して、他の人にどう言っていいかわからず、誰にも話さないまま、その日の仕事を終えました。

店は周りの飲食店と同じく10時閉店でした。

でもうちは酒類のメニューがないのもあって、8時半頃から急に暇になるので、9時になると遅番の子1人だけになり他のバイトの子は帰ります。
木曜の遅番は私でした。

掃除をし、着替える為裏の小さい控え室に入り、いつものように縦長のロッカーの鍵を開けました。開けたとたん、なにかムワッとした臭いがしました。視線を落とし、私は思わず後ずさりました。

ロッカーの、靴を収納するために取り付けられた、鉄の網の仕切り。
そこにべチャッとオムライスが乗っていました。私は膝を折り、それを凝視しました。半熟の卵やムキ海老が、私の靴の中にまで垂れていました。

鍵をかけているのに、有り得ない・・・・・

ムカつくとか泣きたいとかの感情はなく、ただ不安で動揺して、ティッシュで拭き取って片付けるとすぐに私は帰りました。

そして次の木曜日。
私は6時になるまでビクビクしていました。厨房やバイトの皆は「体の具合でも悪くしたのかな」と心配してくれていたようでしたが、お爺さんはその日、店を訪れませんでした。正直ホッとしました。

そして閉店。着替えに行った私は恐る恐るロッカーを開けました。
また生臭い臭いが立ち込め、そして、靴の上の仕切りにはまたオムライスが・・・・
しばらく呆然としてそれを見ていましたが、厨房へ行き、1人残ってタバコを吸っていた調理の人に

「すいません、ちょっと来てほしいんですけど・・・」

と呼びかけました。

「どうしたの」

「あの、ちょっと見てもらえますか?」

とロッカーへ連れて行き、扉を開け、そして私は驚いて叫びました。

「嘘っ!無い!」

補足質問2へ続きます…

閲覧数:
383
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2018/1/1620:19:06

つまらないんですけど。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる